【コラム】人事評価制度の構築で参考になる調査レポートとは(「人事PRO‐Q」自主調査)

人事関連業務の担当者が思い悩んでいる項目に人事評価制度があります。

人事評価制度に完璧なゴールはなく、時代とともにそれぞれの企業が試行錯誤して、最適な制度を目指しています。

人事評価制度は企業経営の根幹になる制度で、従業員の生産性にも影響を及ぼす重要な制度です。

人事評価制度の構築を考えるときに参考になるのが、現在の日本企業の実態です。

ProFutureのPRO-Q編集部では、企業の経営者や人事担当者に人事評価制度についてのアンケートを実施しました。

今回はその内容を一部選択して紹介いたします。

詳細は下記のページからダウンロードできます。

【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選(「人事PRO‐Q」自主調査)

 

企業の人事担当者の悩みや課題

 【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選には、単にデータの羅列だけではなく、企業の経営者や人事担当者が現在考えている悩みや課題についても記載されています。

多くの企業担当者は、人事評価制度に「客観性」と「公平性」を求めていますが、実態とのギャップがあるため、悩みや課題を感じている実態がうかがえます。

具体例をいくつかあげておきましょう。

・評価者によって評価が変わるので、早急に改善すべきだ。(従業員数:1000名以上、サービス)

・管理職の主観がどうしても入ってくる。(従業員数:1000名以上、メーカー) 作業自体が選べるわけでもなく、また個人単位では評価できないので、正当な評価ができていると は思えません。(従業員数:300~1000名未満、サービス)

 

現在の日本企業の人事評価制度の実態

 【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選のデータを見ると、現在の日本企業の人事評価制度の実態を垣間見ることができます。

従業員の評価は、人事評価期間における成果で評価する「業績評価」、スキルや知識などで評価する「能力評価」、意欲や行動、勤務態度などで評価する「情意評価」の3つの評価をメインに評価する企業が大半を占めています。

 

具体的にどんな人事評価手法を採用している?

 【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選のデータを見ると、現在の日本企業が具体的にどんな人事評価手法を採用しているかを数値で把握することが可能です。

人事評価制度は各企業が独自で設計するわけですが、骨組みとして採用している手法でもとも多かったのは、目標管理制度(MBO)でした。次いでコンピテシー評価や360度評価を評価手法のひとつとしているケースが続きます。

【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選にはそれぞれの評価手法に対する企業の経営者や人事担当者の生の声も掲載されています。

詳細は下記のページからダウンロードできます。

【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選(「人事PRO‐Q」自主調査)

 

【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選(「人事PRO‐Q」自主調査)を参考に自社の人事評価制度を考える

人事評価制度にゴールはないとよくいわれます。

企業内部の事情に合わせて人事評価制度を考えているだけでは、スピードが増している現在のビジネスの世界で生き残っていく事は難しいでしょう。

近年成長している企業の多くは、人事評価制度を非常に重要視しています。

ProFutureのPRO-Q編集部が、経営者や人事担当者に実施した人事評価制度についてのアンケートのように、最新の日本企業の実態を踏まえた人事関連の調査レポートを提供することは貴社のブランディングや見込み顧客のエンゲージメント向上にプラスに作用するはずです。

詳細は下記のページからダウンロードできます。

【人事評価制度・構築】 に関する調査レポート5選(「人事PRO‐Q」自主調査)

 

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP