【コラム】職種特化型アンケートメディア「PRO-Q」で狙ったターゲットにアプローチ

BtoBマーケティングにおいて、「市場調査」「マーケティングリサーチ」といった「アンケート調査」を目にすることが多くあるでしょう。

利用目的も、調査資料の作成や、広告・宣伝の一環として活用する等、さまざまです。

リード獲得が一つ先のプロセスにありその前段のコンテンツ作成が目的となっています。

また回答者の「企業名」「部署」「役職」「電話番号」「メールアドレス」などの詳細な情報が一緒に提供されるとなればリードジェネレーションの一環となります。

リードジェネレーションは、自社の製品やサービスに興味関心を示している顧客情報を獲得することを一般的には指し、マーケティング担当者の永続的なミッションといえるでしょう。

見当違いな業種や職種にアプローチしていては施策効果が薄れてしまうでしょう。

不特定多数ではなく「狙ったターゲット」にアプローチすることが不可欠です。

今回は、「狙ったターゲット」にアプローチが可能な弊社運営の職種特化型アンケートメディア「PRO-Q」について説明していきます。

 

職種特化型アンケートメディア「PRO-Q」とは

「PRO-Q」はビジネスパーソンを対象とした「職種特化型アンケートメディア」です。

「経営者」「営業」「マーケティング」「人事」「財務・経理」「IT・エンジニア」の合計6領域でシリーズ展開しています。

アンケート機能をフックとして、「ターゲットのPRO-Qユーザーに、ダイレクトでタイムリーなアプローチが可能」になります。

獲得したいリードターゲットを設問で絞り込み、貴社のサービスに関連した“課題”についての情報を集めながら、効率的なリードジェネレーションを実現します。

 

アンケートメディア「PRO-Q」の活用法と有効性

PRO-Qは「シンプルでわかりやすい」をコンセプトにしたマーケティングプラットフォームです。

「温度感」の差が生じがちな「カスタマーとの関係性」を「アンケートコミュニケーション」でサポートします。

1.設問作成が簡単

設問数は選択式を3問、記述式1問の計4問と短いため、作成がしやすくユーザーも答えやすい傾向にあります。

2.設問設計そのものでターゲティングが可能

アンケートは設問を通したコミュニケーションとも言われています。
設問フローにより見込み顧客の絞り込みが可能となります。

3.回答者情報がタイムリーにわかる

PRO-Q専用の管理画面から「集計結果」「回答者リスト」をリアルタイムで確認することができます。

4.回答者にメール送信が可能となりHOTな関係性を構築が可能

アンケート回答者へDMの配信が可能です。
回答内容に応じたアプローチをすることで、HOTな関係構築が可能となります。

 

コンテンツマーケティングにおける活用メリット

・企業の信頼度が向上するとともに、反応が良い

質問企業が専門企業としての信頼性を高め、ブランド価値を向上させながら、高い反応率を獲得することが可能となります。

・回答者を見込み客に変えることが可能

サービスやソリューション、または取り扱っているテーマにどの程度関心を抱いているか、直接的に図ることができます。

・調査結果を容易に独自のコンテンツへ

自社ならではの切り口でアンケートを実施すれば、 その回答内容を集計するだけで独自性・説得性の高いコンテンツとして拡散することができます。

 

PRO-Qやアンケートメディアを活用する際の注意点

アンケートメディアを活用する際は、自社の知りたい内容を正しくユーザーから聞き取ることが重要です。

そのため、設問設計は念密に行う必要があります。

設問設計における基本的な注意点としては、1つの質問文に対して複数の要素が入っていると、回答者が答えに困ってしまいます。

場合によっては回答ページから離脱してしまうケースもあり、課題を把握する以前の問題になってくるでしょう。

回答者の課題をきちんと把握するためにも、1つの質問文には1つの要素のみ入れるようにしましょう。

また回答者を見込み客に変え、アプローチがしたい気持ちがあるがあまり、提供しているサービス等を過剰にフォーカスしたアンケート設計にすると、かえって逆効果になってしまうケースがあります。

回答者側からすると、回答をする=検討をする前に過剰な営業 をされてしまう。といった印象を持ち、回答離脱率が増えてしまう傾向にあります。

そしてアンケートの回答情報は集めたら終了ではなく、その後の数値分析から見えるマーケティングから施策を立てることが、効果を最大限に発揮できると言えるでしょう。

 

まとめ

◆PRO-Qは、設問数が計4問と短いため、作成がしやすくユーザーも答えやすい傾向にある。

◆ターゲットを設問で絞り込み、サービスに関連した“課題”を集めながらリードジェネレーションが可能。

◆独自性・説得性の高い自社独自コンテンツとして拡散ができる。

◆アンケートメディアは回答情報から判明するその後の数値分析が、マーケティングにおいては必要。

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP