【コラム】今更聞けない!リードナーチャリングについて徹底解説

前回コラムで、獲得したリードを営業へ渡しても、すぐに案件化しないことがほとんどのため、「リードジェネレーション」(https://www.profuture.co.jp/mk/column/1916)の後は、獲得したリードを、案件化や受注の可能性が高い顧客へと育成(ナーチャリング)するプロセス「リードナーチャリング」に取り組むのが望ましい、と触れました。
今回は、BtoBマーケティングで「リードジェネレーション」の次のフェーズ「リードナーチャリング」を解説します。

【コラム】マーケティングにおける「リードジェネレーション」を加速させる為に重要な広告戦略

BtoBマーケティングで広告が必要となってくるのは、将来的に取引が発生する見込みがある顧客を増やすフェーズ、つまりリード(見込み客)をジェネレーション(増やす)「リードジェネレーション」強化の場面です。
新たな顧客にアプローチする、営業活動の最初の一歩と捉えることもできる「リードジェネレーション」。今回はマーケティングにおける
「リードジェネレーション」を手助けするのに重要な広告戦略の事例についてお話しします。

【広告商品資料】ユーザーの約8割が部長層以上!「経営プロ」で「経営×人事」にフォーカスした新たな展開をスタート

ユーザーの約8割が部長層以上! 経営層をターゲットとしたマルチデバイス対応メディア「経営プロ」 「経営×人事」にフォーカスした新たな展開がスタートします 「経営プロ」では、この度、2017-18 テーマを「経営に、もっと…

【お役立ち資料】2017年7月〜9月人事トレンド

7月〜9月のHRプロ人気コンテンツのご紹介 人事領域の動向が気になる方! 本資料では2017年7月〜9月にHRプロ会員の興味関心が高かった記事コンテンツ、ダウンロード資料、セミナー、傾向等を紹介しております。 ・2019…

【コラム】初心者にも分かるDSP広告(人事向け)の種類と選び方

前回(マーケティング担当者が抱える課題をDSPで解決する方法とは)はそもそもDSP(Demand-side Platform・広告主プラットフォーム)という広告配信手法について解説しました。
また、マーケティング担当者が直面する課題に対して、どのような解決策があるかということも説明しました。
今回はある程度、課題ややらなければならないことが明確になった状態で、どのDSPを選定するのが良いかをその種類と選定方法を解説していきます。

【コラム】リードとは?マーケティング用語としての意味と具体的な活用方法

BtoBマーケティングでの「リード(Lead)」という用語は、「見込み客」のことを言うのが一般的です。ビジネスにおいては、成長のために顧客が必要です。
新規顧客、見込み客の獲得は、ビジネス上での大きな課題であり、広告費などのコストもかかりますが、将来的に取引や案件化する見込みがある顧客が増えれば、取引が増加するチャンスが広がります。今回はこの「リード」について解説します。

【コラム】マーケティング担当者が抱える課題をDSPで解決する方法とは

一般的な広告配信手法として定着してきているDSP広告。
しかしBtoB領域におけるマーケティング活動においては、まだまだ広がる余地があります。
データの掛け合わせや登録しているデータ情報から様々な切り口で配信をされているDSPですが、人事特化型メディアDSP「HR DSP」を配信している側としてDSPとは何か。またその活用方法についてお伝えしたいと思います。

【ダウンロード資料】「コンテンツを作成したいがリソースがない」を解決します!

タレントマネジメント提供のサムトータル・システムズ様の取り組み公開!「コンテンツを作成したいがリソースがない」「同業とは一線を画した形でコンテンツを生成したい」の解決策 ユーザーに価値のあるコンテンツを配信し、最終的に利…

【12月末まで】大手新聞社/ビジネス誌のWebメディア限定掲載!「HR DSP」キャンペーン

「HRプロ」のメディア来訪ユーザーをターゲットに、貴社広告を外部サイトでも配信できるサービス 「HR DSP」にて大手新聞社/ビジネス誌のWebメディア限定で広告掲載が可能となるキャンペーンを 開始しましたのでお知らせし…

【広告商品資料】大手新聞社/ビジネス誌のWebメディア限定掲載!「HR DSP」キャンペーン

2017年12月末お申込み分まで受付の限定企画 「HRプロ」のメディア来訪ユーザーをターゲットに、貴社広告を外部サイトでも配信できるサービス 「HR DSP」にて大手新聞社/ビジネス誌のWebメディア限定で広告掲載が可能…

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP