【コラム】Google for jobs(Googleしごと検索)がリリース!求人広告業界が変わる!?

最近のGoogleの検索結果で「福岡 求人」などで検索すると求人をリスト上に表示するリッチスニペット「Google for jobs」が表示されるようになりました。

Google for jobsに表示されることで、多くのユーザーの目に留まり採用につながることでしょう。

ではGoogle for jobsに表示されるにはどうしたらいいのか見ていくことにしましょう。

 

Google for jobs(Googleしごと検索)が日本で実際にリリース!

海外ではすでにリリースされたGoogleの検索結果上で、求人情報をリッチスニペットで表示されるサービス「Googleしごと検索(Google for jobs)」が2019年1月23日に日本でもリリースされました。

それまでは一中小企業の求人案内が大手求人サイトの情報よりも上位に表示されにくく、求人サイトに登録しなければ閲覧されにくい状況がありましたが、Googleしごと検索がスタートしたことでデータの構造化ができていればリッチスニペットとして表示されるようになりました。

高い掲載料や成約料などを考慮して求人情報掲載に二の足を踏んでいた企業も自社サイトに情報を掲載することで検索結果に表示されやすくなる為、求人広告業界は騒然となっているのではないでしょうか。

 

Googleしごと検索に掲載されるには?

まずサイトに掲載されている求人情報を構造化データとしてマークアップする必要があります。

schema.orgに、求人情報を表すものとしてJobPostingがあり、Googleが推奨するJJSON-LDです。JSON-LDで記述します。

実際の例は以下の通りです。

<script type=”application/ld+json”>
{
“@context” : “http://schema.org/”,
“@type” : “JobPosting”,
“title” : “Web・動画・グラフィックのデジタルクリエイティブデザイナー”,
“description” : “<p>デジタルクリエイティブ(Web・動画・グラフィック)のデザイン業務全般を担うデザイナーを募集しています。在宅勤務などリモートワーク/テレワーク可の場所や時間に縛られることのないクリエイティブワークに専念できる業務体制をとっています。</p>
<ul>
<li>未経験可、実務経験は一切問いません。選考は、熱意や根本のセンスを基に評価いたします。<ul>
<li>リモートワーク/テレワーク可につきPhotoshop, Illustrator, After Effects, Premiereなどのデザイニング・オーサリングするためのソフトウェアは、サポートを必要とせず使えること。</li>
<li>職務経歴書・ポートフォリオを提出いただきます。職務経歴書・ポートフォリオの形式は自由ですので、デザイナーとしてご自身を存分にPRした表現を大いに期待します。</li>
</ul></li>
<li>クリエイティブワークに専念できる環境を重視し、働く場所・時間は自由とします。<ul>
<li>QCD(品質・コスト・納期)が求められるクリエイティブ業務につき、業務上急務が発生し得ることを了解いただける方に限ります。</li>
</ul></li>
<li>未経験者の場合は試用期間3ヶ月間(試用期間中は時給1,000円)の後、本採用を決定。</li>
<li>給与は能力に応じて決定、月給25万円〜+賞与年2回(7月・12月に基本1ヶ月分)支給の年収350万円〜。</li>
<li>退職金制度有り、上記月給に月1万4千円〜プラス(中小企業退職金共済制度を採用)。</li>
<li>社会保険完備(雇用保険、健康保険、厚生年金)。</li>
<li>年間休日120日以上:完全週休2日制(土日)+祝祭日+GW+夏期+年末年始+その他(婚姻/慶弔/忌引き)。<br>
繁忙期・急務案件時は休日に業務対応をお願いすることがありますが、後日代休を取得いただけます。</li>
</ul>”,
“identifier”: {
“@type”: “PropertyValue”,
“name”: “セブンアイズ”,
“value”: “1”
},
“hiringOrganization” : {
“@type” : “Organization”,
“name” : “セブンアイズ”,
“sameAs” : ” http://7eyese.com/”,
“logo” : ” http://7eyese.com/ icon.png”
},
“datePosted” : “2019-03-01”,
“validThrough” : “2019-12-31”,
“employmentType” : “FULL_TIME”,
“jobLocation”: {
“@type”: “Place”,
“address”: {
“@type”: “PostalAddress”,
“addressLocality”: “福岡市”,
“addressRegion”: “福岡県”,
“addressCountry”: “JP”
}
},
“baseSalary”: {
“@type”: “MonetaryAmount”,
“currency”: “JPY”,
“value”: {
“@type”: “QuantitativeValue”,
“value”: 350000,
“unitText”: “MONTH”
}
}
}
</script>

このようなコード求人ページに設置することで、Googleのクローラーにデータ収集されリッチスニペットとして表示されるようになります。

 

まとめ

従来のように求人広告や求人サイトに登録せずとも自社の求人情報を公開することが可能になりました。

また通常のコンテンツよりも目立つ形で表示される為、より多くのユーザーの目に留まるようになるでしょう。

ぜひ一度試してください。

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP