【コラム】HR業界とは?人材業界との違いを徹底解説!

就職活動や転職活動に使う就職ナビや人材エージェント、1人の人生の転機に携わるキャリアコンサルタントなど、企業の人材にはそれに携わる多種多様なサービスと仕事があります。

これらは総称して人材業界と呼ばれています。

人材業界と似た言葉としてHR業界がありますが、実はこれら2つの言葉は同義語ではありません。

なにが異なるのでしょうか?今回はHR業界について、人材業界との違いを解説していきます。

 

人材業界とは?

人材業界とは大きく4種類あります。

企業へ人材を派遣する人材派遣、企業へ人材を紹介する人材紹介、企業が求人広告を掲載する人材広告、そして企業の人事課題に対して解決法を提示する人材コンサルティングです。

  • 人材派遣 派遣会社が自社に登録しているスタッフを契約企業へ派遣し報酬を得る
  • 人材紹介 人材エージェントが求職者を企業に紹介し、企業と個人をマッチングさせる
  • 人材広告 求職者が登録・見るメディアに企業が求人広告を出す
  • 人材コンサルティング 採用や教育研修、人事制度などの専門領域のコンサルティングを行う。採用や給与計算など業務をアウトソーシングするサービスも含む

人材業界は4つの中でもとくに人材派遣、人材紹介を中心に指すことが多いようです。

 

人材業界とHR業界との違いはカテゴライズ

人材業界は、企業の観点から見ると採用が大部分を占めているような印象を受けます。

人材確保は重要な経営課題ですが、そのほかにも、人事には採用後の定着やパフォーマンスの最大化や組織全体の活性化、勤怠や給与などの労務管理、そして人事業務自体の生産性向上も非常に重要なミッションです。

それらの課題を解決するものが人事支援サービスサービス・ソリューションであり、それらを持つ企業が属する業界がHR業界となります。

人材業界にも人材活用の観点はもちろんありますが、あくまで人材であり組織という観点はそこまで強く含まれていない印象があります。

人材業界は人ひとりを人材と捉え、そこを軸に関連するサービスがカテゴライズされ1つの業界としてくくられていますが、HR業界は企業の人事部を軸にとらえ、人事を支援する各種サービスやソリューションを持つ企業を1つの業界としてくくられています。

結果的に人材業界とHR業界に属するサービスは重複するものが多くある形となりますが、そもそもの分類の軸が異なっていると言ってよいでしょう。

 

HR業界の4つの柱

HR業界には大きく「採用」「人材育成・研修」「人事・労務」「システム・業務ツール」の4種類に分けることができます。これら4分類に「HRテクノロジー」を横ぐしで通すイメージです。4種類に含まれるものについて詳しく見ていきましょう。

  • 採用‥新卒採用、キャリア採用、アルバイト・パート、派遣・業務請負など
  • 人材育成・研修‥階層別研修、テーマ別研修、職種別研修など
  • 人事・労務‥組織風土、人事制度、雇用管理・賃金、福利厚生など
  • システム・業務ツール‥人事・業務システム、適性検査・アセスメントなど

 

HR業界の今後

HR総研が企業の人事担当者・責任者に向けてアンケート調査を行った「人事の課題とキャリアに関する調査 人事の課題【2】」では、人事部門に求められる役割とは何か。という問いに対し、『MBAの人材戦略』で著名なミシガン大学のデイビッド・ウルリッチ教授が提唱する「4分類」、かつ現在と今後に分けて調査したところ下記のような結果となりました。

「現在求められている役割」に関しては、「人事管理を精密に行う(管理のエキスパート)」(38%)が、「組織・風土改革実行を中心的に担う(変革のエージェント)」(32%)と僅差でトップだった。

一方で「今後求められる役割」に関しては、「人事管理を精密に行う」が3分の1の13%に大きく後退し、その代わりに「ビジネスの成果に貢献する(戦略パートナー)」が51%と20ポイント以上も伸ばして圧倒的1位である。(HR総研:人事の課題とキャリアに関する調査 人事の課題【2】より抜粋)

同調査より今後人事が求められる役割が、管理部門から戦略部門として変わりつつあり、その変化にあわせ人事支援サービス・ソリューションやHR業界全体も変わることが予測されます。

 

◆まとめ

◆HR業界は企業の人事部を軸にとらえ、人事支援サービスがカテゴライズされている

◆HR業界は「採用」「人材育成・研修」「人事・労務」「システム・業務ツール」の4種類がある

◆今後、求められる人事の役割の変化とともに、HR業界全体も変化していく

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP