【コラム】コンテンツマーケティングの目的とは?ゴールの設定方法について

価値ある情報を提供し、見込み顧客を引き寄せ、利益に結び付けていくという「コンテンツマーケティング」は、いまとても注目されているマーケティング施策です。

2014年ごろから多く聞かれるようになったマーケティング手法で、効率よく集客できることを期待して導入する企業が増えています。

コンテンツマーケティングを導入している企業に導入のきっかけをお聞きすると、さまざまです。

「効率よく集客ができると聞いたので・・・」

「どの会社も導入し始めているから」

「SEO対策に必要だと感じたから」

「マーケティングに対する費用対効果に優れているから」

しかしどれくらい集客することができ、利益を生み出すことができるのかについてはっきりと伝えることが難しく、正直見えにくい部分でもあります。

また結果としてすぐに表れるというものでもありません。

そこで大事になってくるのが「コンテンツマーケティングの目的とゴールの設定」です。

それらを明確にすることで、効果をはっきりと実感できるようになり、取り組んでいくためのモチベーションが高まります。

ここでは、コンテンツマーケティングにこれから取り組まれる方、取り組むなかでの問題解決をしたい方に向けて、目的とゴールの設定方法についてお伝えしていきます。

 

コンテンツマーケティングの目的とは?

現在、インターネットは私たちが情報収集する手段としてもっとも多く活用するものであるといえます。

ほしい商品やサービスがある際には、インターネットでWEBサイトを検索し、十分情報を得てから、実際の店舗や通販サイトを活用して購入する人も増えてきました。

この購買行動は一般の消費者だけではなく、企業にとっても同じことがいえます。

営業担当者に会うまでに十分情報収集して、業者の選定や商品の購入などの決定を行うことが多いのです。

つまりコンテンツマーケティングでは、多くの人に自社サイトを見てもらうというだけではなく、「訪れた人が見込み顧客となり購入意欲を高めること」が目的となります。

しかしインターネットで情報を検索してみるとわかるように、情報があふれているために選択肢はとても多くなっています。

私たちが生活のなかで商品やサービスに望んでいるものは、潤いや癒し、生活の質向上に寄与することであるといえます。

良質なコンテンツを発信し続けるということは、自分自身の生活とその商品やサービスを直結させることができるということです。

さらには商品やサービスを身近なものだと感じることができるようになり、ブランドの存在感を高めることができ、購入意欲が高まります。

 

コンテンツマーケティングのゴールの設定方法について

コンテンツマーケティングを続けていくと、良質なコンテンツを発信することだけが目標となってしまうことが多々あります。

もちろん良質なコンテンツを提供し、読者である消費者にとって、「おもしろい」「利用してみたい」「良さそう」などと、興味を持ってもらう必要があることは間違いありません。

しかしコンテンツマーケティングの目的をもう一度おさらいすると、コンテンツマーケティングの目的とは「訪れた方が見込み顧客となり購入意欲を高めること」です。

つまり良質なコンテンツを配信していくことだけが目的ではなく、そのコンテンツを見た方の購入意欲を高め、購買行動に移ってもらうようにしなければなりません。

コンテンツマーケティングのゴールは、「売り上げや利益のアップ」につながるものでなければならないのです。

そのように考えてみると、コンテンツマーケティングは終わりなき戦いともいえます。

少しずつコンテンツを積み重ね、コンテンツに対する反応を見ながら、実際にどれだけ購買行動につなげることができたのか検証していかねばなりません。

ときにはコンテンツの修正や記事の見直しを図ることも必要です。

地道な作業を1つずつ乗り越えた先に、「売り上げや利益のアップ」につながっていきます。

 

コンテンツマーケティングの課題

コンテンツマーケティングを導入して、どのような状態となることを望んでいるのか明確にしなければなりません。

冒頭にもお伝えしましたが、導入された企業では、効果的に集客できるツールとして大きな期待を寄せられていることがわかります。

しかし、取り組めばすぐに結果の出る集客マシンではありません。

実際に取り組んでいる企業を見てみると、良質なコンテンツを配信するためのリソースが不足していたり、戦略不足のためにモチベーションが上がらなかったり、効果がなかなか見えずに続けることができないということが少なくないのです。

これが大きな課題です。

「良さそうだから」「話題になっているから」「他社も導入しているから」という理由だけで取り組んでしまうと、続けていくことが困難になってしまうのです。

コンテンツマーケティングとは「訪れた方が見込み顧客となり購入意欲を高めること」を目的として、「売り上げや利益のアップ」をゴールとするものです。

そのためコンテンツマーケティングを効果的に行っていくには、必ず戦略が必要となります。

良質なコンテンツを配信し、見込み顧客を集めたあとは、次のプロセスによって購買行動につなげていかねばなりません。そして小さな成功体験を積み重ねていくことがとても重要になってきます。

どのようにして良質なコンテンツを配信し続けていくか、どのように売り上げや利益につなげていくかという戦略を常に持ち続けなければならないのです。

 

まとめ

今回はコンテンツマーケティングの目的とゴールの設定方法についてお伝えしました。

コンテンツマーケティングは売り上げや利益をアップさせるために、とても有益な方法であるといえます。しかしこの成功が、企業にとっての最終地点ではありません。

しっかりと目的とゴールを設定すれば、小さな成功を体験することが可能です。その成功を1つずつ積み重ねていくことで大きな成功へとつなげていくことができるのです。

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP