【コラム】運用型広告とは?メリットデメリットと種類、知っておきたい基礎知識

 

運用型広告とは「リアルタイムに入札額や広告素材等を変更・改善していきながら運用していく広告」で「特定のサイトの枠を予約して買う」純広告とは異なる配信方法です。

代表的なものではYahoo!やGoogleの検索連動型広告やディスプレイ広告、YouTube等の動画広告、FacebookやTwitter等のSNS広告などが主体となり、広義にはこの運用型広告の中にDSPも含まれます。

今回はこれらの運用型広告について解説したいと思います。

 

運用型広告のメリット・デメリット

 

冒頭でご説明した通り「特定のサイトの枠を予約して買う」純広告と違い、配信したいターゲットに対し、安価に適切なタイミングで配信をするのが運用型広告になります。

運用型広告の最大のメリットとしては予算上限や配信期間、配信方法をコントロールできる事が挙げられます。
リアルタイムで計測が出来るので効果がなければ停止したり、効果があれば追加したりとすぐに調整ができます。

またユーザーの属性や地域、PCやスマホなどのデバイスなど細かくターゲットを絞ることが出来たり、広告面をターゲットに合わせて変えたりすることも出来たりします。

課金方法も1クリックあたりの課金なのか、表示回数あたりの課金なのか、選べるところがあるので要望に合ったカスタマイズを加える事が出来ます。

一方、デメリットとしては、広告内容やキーワード、配信する地域や時間など細かい設定が出来る分、経験や知識、リアルタイムでの変更、結果の分析等が必要となり、目標とする結果を出すために、たくさんの時間と労力がかかる事です。

その大変さは運用を専門にやっている代理店や会社があるほどです。

 

運用型広告の種類

 

・リスティング広告

リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、Yahoo!やGoogleの検索サイトの検索結果の上部に表示させる広告配信方法です。

インターネットでユーザーが検索サイトを利用したり、サイトを閲覧したりするときに、入力したキーワードや閲覧しているサイトの内容に連動した広告を画面に表示する広告手法です。
ユーザーが興味をもっている分野の広告を効果的に表示することができるメリットがあります。

・ディスプレイネットネットワーク広告

アドネットワーク(複数の広告媒体を集めてネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組み)上で買付け可能なホームページやブログの枠をネットワーク化して配信する方法です。
純広告のようなバナー広告とは違い、ユーザーの関心の高いと思われる層に配信したりすることができます。

・SNS広告

代表的なものとしてTwitter広告やFacebook広告、YouTubeなどもSNS上で配信する一種ですね。

クリックやインプレッションのような一般的な指標に加えて「いいね」やツイートなどをされることで拡散性を持たせるなどSNSならではの特徴があります。

・DSP広告

以前より解説している「Demand Side Platform」の略称ですね。

複数のアドネット枠を横断的に広告配信をすることが出来る仕組みのツールです。
媒体側の配信プラットフォームSSPと接続してインプレッションごとに課金を

する仕組みです。

・リターゲティング広告(リマケ広告)

色々な配信方法で該当ページにユーザーを連れてきますが、必ずしも1回の訪問でコンバージョン(各サイトの目標達成)や購入には至らないケースもあります。

この場合、ユーザーのcookie情報を取得し、この情報をもとに別のサイトを見ている時に表示される配信方法です。

コンバージョン獲得には効率の良い配信方法ですが、単純なリターゲティング広告だけでは最適化を図るのは難しく、様々なセグメントや配信面の調節、過去にコンバージョンしたユーザーの拡張など最適化を図りながら運用されます。

 

まとめ

 

◆運用型広告は「枠を予約して買う」純広告とは違いターゲット・単価・配信面が最適化された配信方法である。

◆その代表的なものとしてはYahoo!やGoogleの検索連動型広告やディスプレイ広告、YouTube動画広告、Facebook広告、Twitter広告などが主体となっている。

◆運用型広告の種類としてはリスティング広告、ディスプレイネットネットワーク広告、SNS広告、DSP広告、リターゲティング広告がある。

 

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP