【コラム】オウンドメディアの運営~サイトデザインの戦略と3つのポイント

自社でオウンドメディアを運営することが決定、その担当者はズバリあなた。

このような場合、何から手をつけていいのかわからないもの。

しかし実際はサイトデザインの戦略を練る上で、欠かせないこともあるのです。

そこで今回は、オウンドメディアを運営するにあたって、必要となるサイトデザインの戦略を3つのポイントとともに解説します。

 

オウンドメディアとは?

はじめにオウンドメディア(owned media)について、簡単に触れておきます。

オウンドメディアとは、端的にいえば「自社が所有するメディア」を指します。自社が運営しているメディア全般です。

具体的には、会社のコーポレートサイトやブランドサイトなどが「自社が所有するメディア」に当たります。紙媒体である会社案内のパンフレットなども同様です。自社の商品やサービスを購入することができるECサイトももちろん含まれます。

さらに直接的には自社とは関係なくても、ユーザーに対して関連的な情報を提供するコンテンツサイトなども該当します。

上記にあげたように、オウンドメディアの範囲はかなり広いですが、一般的な場合として捉えられるのは「ユーザーに有益となる情報を提供するサイト」、いわゆる「コンテンツサイト」です。

 

サイトデザインの戦略は「目的」で決まる!

オウンドメディアを運営する場合に、最初に手をつけなければならないのは、どのようなメディアを立ち上げるか、その方向性を決めることです。

ここでは、ユーザーや消費者に向けて独自情報を提供するコンテンツサイトを前提に話を進めていきます。

サイトデザインの戦略の出発点となるのが、「目的」です。

「目的」はオウンドメディアの立ち上げにも必要なことですが、このサイトを作ることで得られる成果、ゴールを明確にして戦略を練ることがもっとも重要です。

自社のブランディングの一環として認知度を高めるためなのか、実際に商品やサービスを購入する見込み客を獲得するためなのか。

それぞれの目的によって、コンテンツサイトの内容も180度異なってくるでしょう。

そのためサイトの存在理由となる「目的」を明確にすることから始めます。

 

戦略を立てる上での3つのポイント

目的が決まれば、次に実際にサイトの設計を考える必要があります。

そのためには、サイトデザインの戦略を立てなければなりません。

戦略を練る上で、注意すべきことは何でしょうか。ここでは、3つのポイントをご紹介します。

 

●受け取る側を意識する

どうしてもサイトデザインを行う際には、提供する側の目線や都合を優先してしまうことがあります

しかし受け取る側、つまりユーザーからの目線でデザイン戦略を立てなければ、単に自己満足の域を超えることはできません。

最初はPV数を増やすことができても、維持することはできず、次第に離れていくでしょう。

ひとりよがりにならないデザイン戦略が必要です。

 

●コンセプトを貫く

自社の商品やサービスの世界観を大事にするとのコンセプトを立てたとしましょう。

PV数を伸ばして集客に繋げる目的であれば、さまざまな情報を含むコンテンツサイトでも成果を得ることができます。

ただし世界観を大事にするというコンセプトに沿うならば、詰め込み過ぎの内容では、世界観が壊れてしまいます。

そうなることで、自社のブランティングにも影響が出ることとなり、結果的には混乱を招く恐れも否定できません。

最初に立てたコンセプトを基軸として、常に沿って運営されているかを確認することが必要といえるでしょう。

 

●サイトの運営計画と照らし合わせる

非常に忘れがちなのが、サイトの今後の運営計画です。

たとえばユーザーが有益と思う情報を提供するにしても、その内容を誰が更新していくのかは重要な項目です。会社内部で行うのか、ライターに業務委託を行うのかで、サイトデザインも大きく異なってきます。

たまにコンテンツサイトを見ていると、更新の日付が一年前というものもあります。

正直、雑な印象を受けますし、本当に会社が正常に運営されているのかと疑ってしまいます。

運営に支障をきたせば、コンテンツサイト自体がマイナスのイメージを与える「負の遺物」となってしまうのです。

そのためサイトデザインを行う上で、今後の運営計画と照らし合わせることが必須といえるでしょう。

 

オウンドメディアを運営するとなれば、担当者を明確にしてプロジェクトを組まなければなりません。

サイトデザインを外注するとしても、自社としてどのような目的、効果を期待するのか、これだけは譲れないというこだわりがあるはずです。

先に、プロジェクトメンバーと自社の中で認識を共有しておくことが望ましいでしょう。

その上で、サイトデザインの戦略を丁寧に練ることが必要です。

また立ち上げた後は必ず定期的にチェックをして、改善を行っていくことも忘れてはなりません。

立ち上げ後は、PDCAサイクルを高速で回すことをおススメします。

 

まとめ

◆ オウンドメディア(狭義)とは、ユーザーに有益となる情報を提供するコンテンツサイトを意味する

◆ サイトデザインの戦略のスタートは「目的」を明確にすること

◆ 受け手を意識する、コンセプトを貫く、運営計画に沿うという3つのポイントが大事

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP