【コラム】インデックス数とは?調べる方法と増やし方、SEO効果について

インデックスとは検索エンジンがページの存在を認識してデータベース化している状態で、インデックス数が多いかどうかはSEO対策にも密接に関わります。

インデックス数をチェックしたり、適切な状態に保つことはWebサイトのページ評価にも重要です。

本記事では、インデックス数を調べる方法、増やし方やSEO効果との関係を解説します。

 

インデックスとはどのような状態?

そもそもSEOでいう「インデックス」とは、Googleの検索エンジンがWebサイトのページの存在を把握しており、検索エンジンのデータベースに登録している状態です。

検索エンジンは、ユーザーがキーワードで検索すると関連性の高いコンテンツをデータベースの中から探り当て、検索ニーズに合致している順番で表示します。

自分のページを検索結果に表示させるには、まず検索エンジンに認識されている必要があるため、インデックスされているかどうかは非常に重要です。

 

インデックス数を調べる方法

インデックス数を調べる方法はいくつかありますが、その中でも代表的な2つの方法を紹介します。

 

Googleサーチコンソール

「Googleサーチコンソール」は利用者も多いWebマスター用ツールです。

サーチコンソールを使えば正常にインデックス登録されているページと、なんらかの理由でインデックスから除外されているページ、問題があり登録されていないページなどを確認できます。

またインデックスされている数だけでなく、その理由もわかるため、サイトの改善にも役立ちます。

 

Google「site:」検索

Googleの検索エンジンでインデックス数を調べるには、調べたい対象サイトのURLの前に「site:」をつけて検索します。たとえば以下のような文言です。

site:https://www.profuture.co.jp/

検索結果には、インデックスされているページがすべて表示されます。

この方法であればインデックス数を手軽かつリアルタイムにチェックできるという点がメリットです。

 

インデックス数の増やし方とは?

インデックス数を増やすための主な方法を紹介します。

 

「fetch as google」機能

サイトコンソールの「fetch as google」機能では、ページのURLを指定して検索エンジンに巡回を依頼して、インデックス登録を促すことができます。

検索エンジンは常に大量のWebサイトを巡回してインデックス情報を更新する役割です。

しかしページが新しいためGoogleが認識していないケースや、リンクが辿りづらいなどの理由でインデックス登録が遅れるケースもあります。

「fetch as google」機能を使えばサイト管理者側から通知ができるため、インデックス登録を早く高い確率で行わせることが可能です。

 

階層構造

サイトの階層構造をシンプルにすることも有効と考えられます。仮にサイト構造が複雑で、たとえばサイト構造が5階、6階と深すぎる状態や、あるいはリンクがバラバラの状態だと、検索エンジンはサイトを回遊しづらいでしょう。

結果として、サイト構造を理解しづらく、インデックス漏れが発生する可能性もあります。

Googleロボットの精度は非常に高いはずですが、インデックス登録を確実にさせるにはシンプルな階層構造にする方が無難です

 

サイトマップ

Googleにサイトマップを伝えることも有効です。Googleのロボットはサイト巡回をしていますが、サイトマップ情報を伝えればサイト内のURL構造や、存在するページを正確に理解させることができます。

サイトマップをGoogleに伝えるには、たとえばサーチコンソールから追加する方法が一般的です。あるいはワードプレスの「Google XML Sitemaps」というプラグインであればサイトマップを自動生成し送信できます。

 

インデックス数とSEO対策との関係

インデックス数はSEO対策にどのような影響があるのでしょうか。

直接的な影響として、集客効果があります。先述の通り、Google検索はデータベース化されたページの中から最適なページを検索結果に表示します。

インデックスされなければ検索結果からの集客ができません。つまりインデックス数が多いほどSEO対策で有利なのです。

間接的な役割として、品質チェックの役割があります。インデックスされるには、価値が薄いコンテンツではNGで、ユーザーのニーズを解決できる質が必要です。

またわかりやすいサイト構造も求められます。インデックス数が多いということはユーザビテリティやページの有益性の証明でもあり、サイトのメンテナンスにも活用できるのです。

 

まとめ

◆インデックスとは検索エンジンにデータベース化された状態
◆インデックス数を調べる方法には「Googleサーチコンソール」と「site:」検索がある
◆インデックス数を増やすには、「fetch as google」機能、シンプルな階層構造、サイトマップ追加が有効
◆インデックス数が多ければ集客効果アップになるほか、サイトの品質基準としてSEO対策にもなる

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP