【コラム】検索意図を分析してSEO効果のあるキーワードをコンテンツに活用しよう

検索意図を分析してSEO効果のあるキーワードをコンテンツに活用しよう

検索エンジンの代表的存在として現在世界中で使われているのがGoogleです。

Googleのポリシーのひとつが「ユーザーの利便性を第一に考える」点です。

つまり、ユーザーが何のために検索を行うのかという「検索意図」を満たすことができるコンテンツは、Googleに評価されていく事になります。

今回はオウンドメディアの立ち上げにおいても非常に重要なユーザーの検索意図とキーワードに注目したSEO対策についてあらためて考えてみましょう。

 

SEO対策において検索意図を分析することの重要性

Googleは、コンテンツを評価するために、200以上の要素やアルゴリズムなどを使用します。

アルゴリズムは決まったものではなく、最適なバージョンにアップデートが行われます。

アルゴリズムのアップデートにより、コンテンツの表示順位は大幅に変動します。

2019年にも大規模なアルゴリズムのアップデートが行われ、多くのコンテンツが一喜一憂し、なぜ順位が上昇したのか、なぜ順位が下がったのかといった分析が行われています。

分析によるコンテンツの改善は、SEO対策に必要です。

Google の200以上の要素やアルゴリズムなどをすべて明らかにすることは難しいでしょうし、アップデートがいつ行われるか分かりません。

不確定な要素に中で、明解なのが、Googleのポリシーのひとつである「ユーザーの利便性を第一に考える」点です。

ユーザーの検索意図を分析して、コンテンツの質を高めるリライトをすることがSEO対策に重要なのです。

 

Googleが考えるユーザーの4つの検索意図

SEO対策を考える上でGoogleが、ユーザーの検索意図をどのように考えるかをみてみましょう。

知りたい
何かを知りたいと思った瞬間、ユーザーは検索します。
たとえばユーザーはテレビで見たものを調べるためにスマートフォンを使って検索します。

行きたい
目的地に行きたい時にユーザーは検索します。
スマートフォンを使って「今ユーザーがいる場所 近くの○○」といった具合に行きたい場所を検索するケースが日常です。
飲食店などのお店を探す時も検索エンジンを使います。

やりたい
ユーザーは、ビジネスでもプライベートでも何かをやりたいと思った瞬間や、既に実行中の時、アイデアを探して検索します。
検索エンジンで探したYouTubeの「ハウツー」コンテンツが数多く視聴されています。

買いたい
ユーザーは買いたいと思った瞬間検索します。
検索を経て商品やサービスを購入するケースが増加しています。

 

キーワードでSEO効果を狙うには?

コンテンツのキーワードの中で検索順位が低いものがあれば、キーワードの検索意図を調べて、ユーザーに価値のある内容にリライトしましょう。

まずキーワード検索をして上位記事の内容から検索意図を調べます。

 

「知りたい」検索意図のキーワード

キーワードの検索意図が「知りたい」の場合、検索結果のページの上部には、通常表示されている広告記事がありません。
検索意図が「知りたい」の記事の内容は回答でなければならないので、上位記事のタイトルに必ずしもキーワードが入らないケースも多くあります。

 

行きたい検索意図のキーワード

キーワードの検索意図が「行きたい」の場合、検索結果のページの上部には、地図が表示されます。
Googleが「行きたい」検索意図と判断した証拠です。
行きたいキーワードの記事をリライトするには、キーワードと場所との関連、口コミなどを考慮すると良いでしょう。

 

やりたい検索意図のキーワード

キーワードの検索意図が「やりたい」の場合、検索結果のページ上位記事の中に「手軽・簡単」「自分で」「やってみる」「始める」「方法・やり方」「手順」「材料」「コツ・注意点」「動画・画像」といった、ハウツーに関するサブキーワードが並ぶのが特徴です。

 

買いたい検索意図のキーワード

キーワードの検索意図が「買いたい」の場合、検索結果のページの上部に広告記事が連なります。
買いたい検索意図のユーザーには、購入に結び付く広告記事が選択されるのでしょう。
買いたいキーワードの検索順位は、ユーザーの利便性を第一に考え「売れている順」や「評判がよい順」になっているようです。

 

関連する検索キーワード

キーワード検索結果ページの下部に「関連する検索キーワード」がいくつか載っています。
関連する検索キーワードのいくつかは、上位記事の内容と一致していることが分ります。
記事のリライトの参考にしていきましょう。

 

サジェストワード

Googleの検索キーワード入力欄にキーワードを入れて、左クリックすると、サジェストワードをみることができます。
こちらも、記事のリライトの参考になります。

 

キーワードをコンテンツに活用する時の注意点

キーワード検索の結果表示された上位記事の内容等を分析し、ユーザーの検索意図を確認しコンテンツを作成していく事が、SEO対策には重要です。

しかしながら、上位記事と同様の内容では、重複コンテンツとみなされてしまう可能性が
大きく、上位表示は狙えません。

コンテンツには他のコンテンツにはない独自性が必ず必要です。

 

まとめ

◆ Googleのポリシーのひとつが「ユーザーの利便性を第一に考える」点

◆ ユーザーが何のために検索を行うのかという「検索意図」を満たすことができるコンテンツは、Googleに評価されていく事になる

◆ ユーザーの検索意図を分析して、コンテンツの質を高めるリライトをすることがSEO対策に重要

◆ Googleが考えるユーザーの4つの検索意図は「知りたい」「行きたい」「やりたい」「買いたい」

◆ キーワード検索の結果表示された、上位記事の内容等を分析し、ユーザーの検索意図を確認し、コンテンツを作成していく事が、SEO対策には重要

◆ コンテンツには他のコンテンツにはない独自性が必ず必要

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP