ProFuture マーケティングソリューション部からのお知らせ

新型コロナウイルス感染対策として、ProFuture マーケティングソリューション部は在宅対応を実施しております。
お問合せの際は、こちらの問合せフォームよりご連絡をお願いします。

【コラム】ますます注目されるウェビナーの活用方法と具体例をご紹介

新型コロナウイルスの影響により、人が集まる場所での会議やイベントが制限されています。
新しい働き方のスタイルとして、厚生労働省では『テレワーク総合ポータルサイト』を開設し、テレワークやオンライン会議を推進しています。

ウェビナーとは、オンライン上で行うセミナーや会議の総称です。
コロナウイルス感染拡大の影響を受けリアルのセミナーや社内や社外問わず会議で人を集めるのが難しくなったため、動画を見られる環境があればどこからでも参加できるウェビナーの需要が急増しています。

この記事では、ますます注目されるウェビナーの概要やメリットをご紹介するとともに、ウェビナーの活用方法や具体例をお伝えしていきます。

 

ウェビナーとは?

ウェビナーとは「Web(ウェブ)」と「Seminar(セミナー)」を合わせた造語であり、インターネット上で配信するオンラインセミナーや研修、講義を指します。

外部の会場で開催するセミナーの場合、会場探しや予約、運営スタッフの確保、登壇者の交通費など、さまざまな準備やコストが必要です。
しかし、ウェビナーはインターネットで配信するため、外部プラットフォームの利用料といったコストはかかるものの、事前準備や運営にはほとんど手間がかかりません。
加えて、インターネット上であれば集客人数に限りがなく、日本のみならず世界中から集客できます。

こうしたメリットは主催者側だけではありません。
参加者側も会場までの移動が必要なく、PCやスマホなどの端末とインターネット環境があれば場所に縛られずにどこからでも参加できるメリットがあります。
また、ウェビナー開催時は都合が悪く参加できなかった場合も、主催者側がセミナー動画をアーカイブしていれば、自分の都合に合わせていつでも視聴できます。

 

企業におけるウェビナーの活用方法

企業がウェビナーを活用する方法には、以下のようなものが考えられます。

●会社説明会
ウェビナーは、新規顧客や見込み顧客に対し、事業や会社、サービスをアピールする場として活用できます。
主催者と参加者はリアルタイムでやりとりができるため、質疑応答も問題なくこなせるでしょう。
また、新卒採用の会社説明会をウェビナーで行う企業も増えています。

●商品・サービスの説明会
ウェビナーは、自社の商品やサービスを外部に向けて説明する際にも活躍します。
リアルセミナーは運営コストがかさみますが、ウェビナーであればコストを抑えながら必要なときに随時開催できます。

●既存顧客への情報伝達
既存顧客には、自社の商品・サービスの使い方やノウハウを伝える情報伝達の場として活用できます。
新規・見込み顧客へのアピールも必要ですが、既存顧客を維持し続けるために、顧客と会社の繋がりを保つことも大切にすべきでしょう。

●社員対象の勉強会
対外向けだけではなく、ウェビナーは自社の社員向けの勉強ツールとしても活用できます。
動画を使った勉強会であれば一度で全社に発信でき、社員は何度も繰り返し視聴できるメリットがあります。

●株主総会
ウェビナーを使った株主総会は「バーチャル株主総会」とも呼ばれ、新型コロナウイルスの影響で取り入れる企業が増えています。
会場準備や運営の手間がかからず、遠方に住む株主も参加しやすい点がメリットです。

 

ウェビナーを使ったオンライン集客の具体例

ここからは、実際に企業が行っているウェビナーの具体例をご紹介していきます。

●株式会社大塚商会
通信機器やソフトウェアの販売、開発、保守などを行う株式会社大塚商会では、業界の最新トレンドや新製品の紹介をウェビナーで発信しています。
公開されているセミナーはすべて無料で参加できますが、事前の申し込みが必要です。

参考:大塚商会株式会社『オンラインセミナー』

●株式会社マイナビ
就職・転職情報の提供や人材紹介などを行う株式会社マイナビでは、企業の説明会やインターンシップセミナー、企業研究の講座などをウェビナーで行なっています。
また、ライブ配信だけではなく、オンデマンド配信で過去のバックナンバーも公開しているため、気になる動画があれば何度も見返せます。

参考:株式会社マイナビ『マイナビ2022 Webセミナー』

●楽天株式会社
Eコマースやデジタルコンテンツ、通信などさまざまなサービスを展開する楽天株式会社では、楽天市場のネットショップ出店・開業に関する講座をウェビナーで行なっています。
初心者向けと経験者向けでわかれているため、ユーザーの経験値に合わせて講座を選べます。
事前の申し込みが必要ですが、参加費は一切かかりません。

参考:楽天株式会社『楽天市場 ネットショップ出店・開業 オンラインセミナー』

 

まとめ

◆ウェビナーとは、インターネット上で配信するオンラインセミナーや研修、講義のことである。

◆会場開催型のセミナーと比べ、ウェビナーは運営の手間やコストがほとんどかからない。

◆企業におけるウェビナーの活用方法としては、会社説明会や商品・サービス説明会、既存顧客への情報伝達、社員の勉強会、株主総会などがある。

◆新型コロナウイルスの影響で会場開催が難しいなか、多くの企業がウェビナーを取り入れて自社の情報を配信している。

 

【オリジナルコンテンツ】The・現場~マーケティングフィールドワークの智慧~
マーケティングの現場で活かせる智慧を分かりやすく解説します

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP