【コラム】動画マーケティングの効果とは?成功に導くポイントを解説します

動画を使用してマーケティングを行う動画マーケティングは、BtoC企業ばかりではなくBtoB企業でも導入が加速しています。

動画は、商材の価値をわかりやすく訴求することができ、企業の購買担当者に情報が届きやすくなることが期待できます。

今回は、動画マーケティングとは何か、動画マーケティングの効果、および動画マーケティングを成功に導くためのポイントについてご紹介します。

 

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、動画を使用して、企業や商品・サービスなどのマーケティングを行う手法です。

近年、インターネット環境が整備され、通信料金は定額制が一般的になりました。

また、スマートフォンやタブレットが普及することにより、多くの人が通信料を気にすることなく動画を視聴するようになりました。

さらに、YouTubeやFacebook、InstagramなどのSNSにより、動画が拡散されるようにもなっています。

インターネット環境の変化によってマーケティングへの動画の活用も加速しており、BtoCのみならずBtoBでも、動画マーケティングを多くの企業がすでに導入しています。

 

動画マーケティングの効果

動画マーケティングが、特にBtoB企業にとってどのような効果があるのかを見ていきましょう。

  1.  商品の価値をわかりやすく訴求できる。

    動画は、文字や画像などと比較して情報伝達力が高いことが特長としてあげられます。

    動きのある図解や言葉による説明を組み合せることができるため、複雑な事物でもわかりやすく解説することができます。

    一般に、BtoB企業が販売する商材は、複雑な精密機械やソフトウエアなどの形のないもの、流通やコンサルティング等のサービスなど、商材そのものを見せたり簡単な説明をしたりするだけでは価値が伝わりにくいものが多くなります。

    そのような複雑な商材の価値を、情報伝達力が高い動画はわかりやすく訴求することができます。

  2. 企業の購買担当者が情報収集する際に情報が届きやすい

    企業が商材の購入を検討する際には、まず情報収集が行われます。以前は、営業担当者を呼んで話を聞くことによって行われたこの情報収集は、近年は、インターネットを活用して行われるようになっています。

    インターネットで情報を収集する際に活用するのは、GoogleやYahooなどの検索エンジンです。

    検索エンジンの検索順位は動画コンテンツが優位になることが多いとされます。

    したがって、動画コンテンツを活用することにより、企業の購買担当者に対して自社の情報が届きやすくなることが期待できます。

    企業の購買プロセスがボトムアップで行われることが増えていることにより、購買にあたって情報を収集するのは20~30代の現場担当者であることも多くなっています。

    20代から30代の世代はインターネットが普及した環境で育っているため、日常的に動画を視聴する習慣がある人も多く、業務上の情報収集でも動画を見ることが多いといわれます。

    実際に、2015年にGoogleがアメリカで行った調査によれば、企業の購買担当者のうち約70%が情報収集のために動画を視聴し、50%は30分以上、20%は1時間以上にわたって動画を視聴しています。

    商材の紹介を動画によって行うことは、企業の購買担当者に対して情報を効果的に伝えることができるといえます。

  3. 企業の意思決定がスムーズになる

    企業による購買の意思決定は、現場担当者だけで行われるのではなく、上長や経営陣などの承認を必要とするのが一般的です。

    したがって、決裁者の承認を得るために現場担当者がプレゼンを行う場面もあるでしょう。

    現場担当者が行うプレゼンの際に動画コンテンツは非常に有効だといえます。

    商材の価値を的確に伝える動画があれば、決裁者の承認を得ることはより容易になるでしょう。

    現場担当者にとっても、動画コンテンツがあることにより説明の負担が大幅に軽減されます。

    そのために、動画コンテンツがある商材は、動画コンテンツを持たない競合商材と比較して優位に立つことを見込むこともできます。

 

動画マーケティングを成功に導くポイント

BtoB企業が動画マーケティングを成功に導くためには、どのようなポイントに注意すべきなのかを見ていきましょう。

  1. デスクトップPCで視聴されることを前提とする

    ビジネス向けの動画は、多くの人がデスクトップPCで視聴します。

    動画配信プラットフォームを提供する米Vidyard社の2016年の調査によれば、BtoB動画は86%がデスクトップPCで視聴されています。

    BtoCの動画マーケティングでは、モバイル端末などを念頭に置いたマルチスクリーン対策が必須だとされますが、BtoBの動画マーケティングでは、デスクトップPCの大きなスクリーンで視聴されることを前提として動画を企画・制作することが重要だといえるでしょう。

  2.  できる限り短い時間でまとめる

    Vidyard社の調査によれば、動画マーケティングで使用される動画のうち56%が2分以内にまとめられています。

    90秒以内の動画の視聴完了率が53%であるのに対し、30分以上の動画の視聴完了率はわずか10%に低下します。

    BtoBの動画は、複雑な商材の説明をしなければならないため、どうしても時間が長めになってしまいがちです。

    しかし、動画の効果を高めるためには、できる限り短い時間でまとめ制作することが大切です。

  3. 効果を正しく測定する

    動画マーケティングを成功させるためには、動画の効果を正しく測定することが重要です。

    測定された効果を検証し、検証した効果に基づいて新たな動画を企画・制作することにより、動画の効果をより高めることができるでしょう。

 

まとめ

◆ 動画マーケティングとは動画を使用してマーケティングを行う手法のこと

◆ 動画マーケティングはBtoB企業にとっても多くの効果がある

◆ 動画マーケティングを成功させるためには、デスクトップPCで視聴されることを前提に、できるだけ短い時間でまとめることが大切

 

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP