【コラム】文字数が多いとSEOに効果的なの?SEOと文字数の関係性について

文字数とSEOの関係は、Webコンテンツを作成する際に気になるポイントです。

上位表示ページは文章量が多い傾向がありますが、検索エンジンは単語数とSEO効果との関係はないと公言しています。

この記事では、文字数と検索順位との関係や、評価を上げて集客力を高めるために必要なポイントを紹介します。

 

文字数と検索順位の関係性

「文字数が多いほどSEOに有効だ」という意見は、Web業界に昔からある話題です。

たしかに競争が激しいキーワードの検索上位にある記事を検証すると、文字数が多いケースもあります。

しかしGoogle公式の見解は逆です。2016年7月にGoogleの社員ジョン・ミュラー氏がYouTubeのライブ配信で、「Googleは単語数をカウントする検索アルゴリズムを持っていない」と発言しています。

ページの評価に単語数(文字数)が関係ないと解釈できるのです。

一見すると、現実の検索結果と発言内容が違っている状況ですが、実際はどうなのでしょうか。

 

文字数が多いほどSEOに効果的な理由

Googleは文字数とSEO効果との直接的な関係を否定していますが、コンテンツ量が多い記事が上位表示されている事実がある以上、長文記事には評価を受ける間接的な要素があると推測することができます。

では文字数が多いとどのようなポジティブな影響があるのでしょうか。

 

検索意図を満たしやすい

1つ目は、文字数が多いと検索意図を満たしやすい効果があります。

検索エンジンが評価する記事とは、ユーザーの検索意図に過不足なく応える内容です。

図・画像や短文でのシンプルな回答はわかりやすい側面がありますが、逆に情報が少なすぎるとユーザーには不便を感じます。

そこでコンテンツには情報の網羅性が重視されます。

記事の分量があれば、ユーザーの疑問への解決になる内容が含まれやすく、多様な検索意図に応えられる可能性が上がるでしょう。

結果的に競合よりも充実した有益なページだと評価されやすいのです。

 

重要キーワードを含みやすい

2つ目は、長文であるほど重要なキーワードを含みやすい効果です。

検索エンジンは、どのように記事の質を判断しているのでしょうか。

実際Googleの高度なアルゴリズムを持ってしても、文章を完全に理解できるわけではありません。

そこで重要な判断材料の1つが、共起語や検索クエリといったキーワードです。

たとえば検索クエリが「旅館」に関するものであれば、多くのユーザーは宿泊先としての情報を求めているはずです。

仮に料金やプラン、あるいは地域名に関する具体的なキーワードが豊富に含まれていれば、ユーザーが求めている内容と関連性が高く、上位表示すべきよいサイトだと判断されるでしょう。

さらに旅行先のマイナーな特産品なども盛り込まれていれば、ロングテール効果で集客に役立つ可能性があります。

長文であれば、必然的にこのような重要キーワードに当たる可能性が上がるため、評価を上げやすいのです。

 

良質な文章でSEO効果を高める方法

文字数が多いほど評価を上げやすい要因があるのは確かですが、長文が必ず有利なわけではありません。

検索意図を満たし、それが検索エンジンと読者に伝わるように重要キーワードを含む必要があります。より具体的に、SEO効果を高めるような良質な文章を作る方法を紹介します。

 

EAT(専門性・権威性・信頼性)の基本を守る

コンテンツの指標である専門性、権威性、信頼性は常に意識しましょう。

たとえばそのテーマであれば当然含んでいるべき専門用語を活用し、専門機関・資格者の監修、公的な研究団体などが公表している正確な事実・データを参照・引用していれば、検索エンジンだけでなく読者にとっても強いアピールになります。

SEOでは、この3語の頭文字をとって「EAT」と呼ばれるほど大切なポイントです。

 

検索意図の徹底理解

記事作成の前に、検索意図を徹底的に理解しましょう。たとえば先ほどの「旅館」というクエリであれば、検索サジェストや上位表示ページから、旅行先探しのニーズが多いと推測することができました。

また検索ボリュームを調べるツールを活用すれば、より定量的に測ることもできます。

単純に文字数を増やすことだけを考えると「旅館」の意味や成り立ちといったさまざまな関連情報を思いつきそうですが、ユーザーの興味関心とマッチしていなければ有益ではありません。

また不要な情報が多ければ利便性を損なってしまい、離脱率が高くなるなどSEO面の悪影響にもつながる恐れがあります。

長文が効果的なのではなく、あくまでもユーザーが欲しい情報を過不足なく伝えられる文章量が最適です。

 

まとめ

◆検索上位サイトは文字数が多い傾向があるが、Googleは文章量とSEOとの関係を否定

◆文字数が多ければ検索意図と重要キーワードを網羅しやすく間接的なSEO効果がある

◆ 検索意図に合った情報を過不足なく伝え、専門・権威・信頼性を高めることが評価を高める

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP