【コラム】新たな見込客を開拓するためのリードジェネレーションで企業担当者がもっとも効果を感じた施策は何?

企業経営でもっとも重要とされている項目のひとつに、リードジェネレーション(新たな見込客の開拓)があります。

リードジェネレーションには、メディア広告、タイアップ広告(記事広告)、ダイレクトメール、アンケート調査、連載企画・特集企画などを実施します。

リードジェネレーションを検討していくときに気になるのが、「他の企業は何をしているか?」ではないでしょうか。

ProFutureでは、リードジェネレーションを実施している企業の担当者163人を対象にアンケート調査を実施しました。

今回はそのアンケート結果の一部から、他社のリードジェネレーションの現状と課題を紹介します。

アンケート結果の詳細はこちらからダウンロードできます。

 

日本企業がリードジェネレーションを実施すべき理由

まずはアンケート結果を見る前に、なぜ日本企業はリードジェネレーションをしていくべきなのかを考えてみましょう。

 

日本企業が高度成長を遂げた背景

日本企業がグローバルに高度成長できた背景には2つの要因が考えられます。

1つ目は、第二次世界大戦後の日本国内の急激な復興による内需です。

2つ目は、グローバル市場での為替のメリットです。

米国が日本の戦後復興のために為替レートを固定してくれたため、低価格で品質が高い「made in Japan」の伝説ができあがったのです。

2つの要因は内需外需ともに拡大を続け、日本は高度経済成長を遂げることができました。

 

グローバル化のすすむ環境で日本企業が生き残るためには

高度経済成長期の日本企業には、国内外とも顧客が十分に存在していましたので、リードジェネレーションを実施しなくても企業経営は問題なく進展していく事ができました。

しかし、日本の高度経済成長の伝説は、1990年のバブル崩壊と2008年のリーマンショックで終焉をむかえました。

日本企業は既存の顧客だけでは経営を維持できず、リードジェネレーションが大きな課題として表面化したのです。

さらに、グローバル化がすすむ中で、日本企業は、国内外で、欧米企業と正面切って戦わなければなりません。

外国企業は、グローバルな市場競争の中で、すでにリードジェネレーションを取り入れた経営を実行してきています。

日本企業が今後生き残っていくためには、今まで以上にリードジェネレーションを本格的に取り込む必要があるでしょう。

 

気になる他の企業のリードジェネレーションの現状や課題は?

ProFutureが、リードジェネレーションを実施している企業の担当者163人を対象に実施たアンケート調査の結果を見ると、他の企業がどのように、リードジェネレーションを実施しているのか、という一番気になるところがよくわかるはずです。

 

他の企業はどんなリードジェネレーション施策に効果を感じているか?

リードジェネレーションを実施しても、効果が感じられなければ、導入の意味がありません。

導入の検討には、他の企業はどんなリードジェネレーション施策に効果を感じているかを知るのは戦略的に重要です。

ProFutureのアンケートでは、もっとも効果がよいと感じられた施策は「タイアップ広告(記事広告)」で33%の担当者が効果を実感しています。

とくに中堅企業では、なんと47%の担当者がもっとも効果があったと回答していました。

他の企業が、どんなリードジェネレーション施策を実施しているかがわかるアンケート結果は、ダウンロードデータで公開しています。

 

他の企業はリードジェネレーションで何を重視しているか?

企業はリードジェネレーションで何を重視しているかを知ることは、今後のリードジェネレーション対策を考えるうえで有効なヒントになるでしょう。

ProFutureのアンケートでは、リードジェネレーションを採用している企業が、リードジェネレーションの上で重視していることを1番目から3番目までそれぞれ回答してもらい、その結果をまとめています。

 

他の企業はどんな料金形態のメディア広告を選んでいるのか?

リードジェネレーション導入で担当者が実務的に考えなければならないのが予算の問題です。

経営にリードジェネレーションを提案して予算をとるためにも、どんな料金形態の施策なのかは重要なポイントです。

ProFutureのアンケートでは、「広告課金(期間広告)」を採用している企業が26%とも多く、その理由は、価格体系がわかりやすく、予算が立てやすい点があげられています。

 

リードジェネレーションの現状や課題を知って自社の見込客開拓施策を考える

現場の生の声は、施策を検討するときにもっとも参考になるデータです。

アンケートでは担当者がもっとも知りたい項目を質問として設定し、リードジェネレーション導入のヒントになるように考えました。

リードジェネレーションの現状や課題を知って自社の見込客開拓施策を練ってみてはいかがでしょうか。

アンケート結果の詳細はこちらからダウンロードできます。

「リードジェネレーションに関する調査」結果報告

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP