【コラム】人事担当者が知りたくなるリード獲得を促進するリードテンプレートとは?

作成したコンテンツから、リード(見込み客)をキャッチして、資料請求やセミナー参加までもっていくためには、瞬時に興味を持ってもらってコンテンツの内容まで読み進んでもらう必要があります。

1件でも多くリード獲得をするためには、タイトルとリード文のインパクトが重要です。

読者は、タイトルでコンテンツを読み始めて、リード文で概要を掴んで、次のアクションを起こすか判断するのです。

企業の人事担当者のアクションにつながるリード文はどんな構成が良いのでしょうか。

ProFutureは、リード文に注目して、リード(見込み客)をキャッチして、資料請求やセミナー参加までもっていくリードテンプレートをダウンロード資料で提供します。

【お役立ち資料】1件も多くリード獲得を促進!リードテンプレートより資料がダウンロードできます。

 

コンテンツに訪問した人事担当者のアクション

企業の人事担当者は、御社のコンテンツのタイトルに興味をもって読み始めてからどういうアクションを取っていくのでしょうか。

人事担当者が、「面白そう、役立ちそう」と思うタイトルに目を止めると、まずはリード文を読むことになります。

リード文を読んで、「もっと知りたい、もっと読みたい」と思えば、資料請求やセミナー参加へとつながり、コンテンツはリード(見込み客)を獲得し目標を達成したことになります。

一方で、リード文を読んで、「面白くなさそう、求めている内容と違う」と感じてしまうと、コンテンツは閉じられてしまいます。

 

コンテンツに訪問した人事担当者にもっと知りたいと思わせるリード文の書き方のポイント

リード文の役割は、コンテンツを開けた読者を次のアクションへつなげることです。

コンテンツに訪問した人事担当者に「もっと知りたい」と思わせるには、3つのポイントに注目する必要があります。

・提案する資料請求やセミナー参加が、ターゲットの人事担当者のどんな悩みや課題の解決策になるのか明確に記載する。

・提案する資料請求やセミナーの概要とポイントを簡潔に記載する。

・リード文は「もっと知りたい、もっと読みたい」思わせて次のアクションにつなげるためのものなので、資料請求やセミナーの内容を「少しだけ」見せて、もっと知りたくなるように記載する。

 

リードテンプレートのダウンロード資料の概要

ProFutureの提供するダウンロード資料には、リード(見込み客)をキャッチして、資料請求やセミナー参加までもっていくリードテンプレートが3種類掲載されています。

【お役立ち資料】1件も多くリード獲得を促進!リードテンプレートより資料がダウンロードできます。

 

・コンテンツを使って人事担当者からの「資料請求」につなげたいケースのリードテンプレート

資料請求によって得られる、商品やサービスの詳細やメリットを説明します。
人事担当者の悩みや課題の解決策になる商品やサービスの資料であることを記載します。

 

・コンテンツを使って人事担当者からの「資料のダウンロード」につなげたいケースのリードテンプレート

読者である人事担当者を意識して、興味関心を惹きつけ、ダウンロードへ誘導します。

 

・コンテンツを使って人事担当者からの「セミナー参加」につなげたいケースのリードテンプレート

セミナー参加は、資料請求や資料のダウンロードと違い、人事担当者の時間と労力が伴います。
セミナーのプログラムや内容はもちろん、セミナー参加でしか得られない情報やメリットを明確に表示します。

 

リードテンプレートのダウンロード資料はこちらから

せっかくタイトルを見て、企業の人事担当者がコンテンツを読み始めても、リード文が的外れでは、リード(見込み客)をキャッチして資料請求やセミナー参加までもっていくことはできません。

リードテンプレートを使って、リード文を考えることが、コンテンツを活用したリード(見込み客)獲得に成功する鍵になるでしょう。

【お役立ち資料】1件も多くリード獲得を促進!リードテンプレートより資料がダウンロードできます。

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP