【コラム】オウンドメディアの運営でSEO効果を上げる記事のリライトとは?

オウンドメディアの運営は、新規記事を追加していけばよいものではありません。

既存の記事をメンテナンスして、よりSEO効果を上げる作業が重要になります。

オウンドメディアの記事は、記事を公開した後も、SEO効果を確認し、成果を確認しながらリライトをしていくことが必要なのです。

今回はSEO効果を上げる記事のリライトをテーマに、具体的なリライト方法を6つ紹介します。

 

 記事のリライトとは?

リライトとは、検索エンジンの検索ページに上位表示されるように、記事を修正することです。

リライトの目的はSEO効果をあげることです。

SEO対策で、もっとも重要なのは、記事自体の内容であるといわれています。

リライトは、単純に記事の中にキーワードを加えて、文字数を増やすだけではないことを認識しておく必要があります。

 

リライトが必要な記事はどんな記事?

オウンドメディアの記事のリライトを行う際には、リライトすべき記事の選択がスタートとなります。

一般的には、検索順位が低い記事をリライトのターゲットにします。

中にはキーワード検索で、検索エンジンに表示されない記事もあるかもしれません。

上位に表示されている記事に内部リンクをリライトして、関連記事への遷移率を高める作業も行われます。

リライトを行ってSEO効果を上げる方法は多岐にわたるわけです。

 

リライトを行って効果が期待できるかを考えるのも重要

オウンドメディアの記事の中で、検索順位が低い記事という選別をした場合、いくつかの記事がチョイスされるはずです。

ここで重要なのがどの記事をリライトすべきかという点です。

単純に検索順位の低さを基準にリライトする記事を選ぶ方法は望ましくありません。

リライトすべき記事を選ぶ際には、オウンドメディアの目標に対して、検索順位の上昇がなんらかのよい影響を及ぼす可能性が高い記事を選ぶべきです。

オウンドメディアの目標として代表的なものは「企業のブランディング」「新規顧客獲得・見込み客獲得」「採用の後押し」です。

検索順位が高くなることで、オウンドメディアの目標達成に近づく記事をリライトするのです。

 

記事の検索順位が上がらない理由

リライトの目的は、記事の検索順位を上げてSEO効果を高めることですので、検索順位が低い記事は、検索順位が上がらない理由を分析する必要があります。

 

●SEOを意識していない

キーワード検索で、記事が上位に表示されていない場合や、表示すらされない場合は、SEOを意識していないケースが疑われます。
ユーザーがキーワードによって知りたいコンテンツと記事の内容がかけ離れている可能性があるのです。
ユーザーがキーワードによって知りたいコンテンツは、検索上位記事を見ることによって、想定することができます。

 

●最新の情報に更新されていない

ユーザーが情報を求めて開いた記事の内容が、古い内容であった場合、そのオウンドサイトは、信頼を失います。
記事に記載される情報は、常に新しい内容に更新していく必要があります。
記事の公開日や更新日の日付が古い記事も望ましくありません。

 

●タイトルと記事の内容が相違している

ユーザーは、検索エンジンに並んだ、記事のタイトルから内容を想定して、記事を開きます。
知りたい内容の答えを期待して記事を選択したのに、読んでいるうちにタイトルの内容が相違している記事は失望され、検索順位を上げることは望めないでしょう。

 

 SEO効果を上げる記事のリライトとは?

具体的にSEO効果を上げるために行われているリライト方法を6つ紹介しましょう。

 

●タイトルと記事の内容を一致させる

タイトルと記事の内容が一致しない記事は検索エンジンに上位表示されることが難しくなります。
タイトルでユーザーを呼び込んで、内容が一致しない記事を提供することは望ましくありません。
記事の内容が、自社の提供する商品やサービスであった場合は、オウンドメディアの信頼性を失う可能性があります。

 

●冒頭の要約で記事を読みたくなるように工夫する

ユーザーは、検索エンジンに表示されたタイトルで記事を開き、冒頭の要約で記事を読み進むか決定します。
記事の要約と、興味を持つような内容を冒頭に記載することで、離脱率を低下させます。
具体的には、ユーザーの共感を喚起する問いかけ、問題点の明示、数値を用いることなどを実施すると効果が期待できます。

 

●ペルソナに共感を得られる記事にする

オウンドメディア立ち上げ時には、ターゲットであるペルソナを定義しているはずです。
記事の内容をペルソナに共感が得られる内容にリライトすることもSEO対策に有効です。

 

●適切な見出しを入れる

タイトルと同様に記事の構成上重要なのが見出しです。
ユーザーは、見出しを道標として記事を読み進みます。
本文の内容を適切にまとめた見出しを入れることで、離脱率が低下し、SEO効果が高まります。

 

●オリジナルの内容を盛り込む

ユーザーのニーズを意識し、検索エンジンの上位記事の内容を満たし、さらにその内容を上回る記事へとリライトするためにはオリジナリティーが必要です。
オリジナリティーの高さは、検索エンジンに高く評価されます。

 

●難解な書き方をわかりやすい言い回しにする

難解な書き方をわかりやすい言い回しにリライトすることも場合によっては必要です。
また、オウンドメディアでは、ユーザーには意味がわかりにくい業界専門用語を記事に使ってしまっている可能性もあります。
専門用語は、わかりやすく解説する必要があります。

 

まとめ

◆リライトとは、検索エンジンの検索ページに上位表示されるように、記事を修正すること

◆ 一般的には、検索順位が低い記事をリライトのターゲットに

◆検索順位が高くなることで、オウンドメディアの目標達成に近づく記事をリライトする

◆SEO効果を上げるために行われているリライト方法は「タイトルと記事の内容を一致させる

◆「冒頭の要約で記事を読みたくなるように工夫する」「ペルソナに共感を得られる記事にする」「適切な見出しを入れる」「オリジナルの内容を盛り込む」「難解な書き方を分かりやすい言い回しにする」の6つ

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP