【コラム】noindexとnofollowの違いとは?SEO効果を上げる使い方を徹底解説!

自社のサイトのSEO効果を高めるために、noindexとnofollowを使うことがあります。

検索エンジンは、ロボット(クローラー)を使って常にウェブサイトを巡回し、情報をインデックス(認識)しています。noindexとnofollowの効果はこのクローラーに関連します。

今回は、noindexとnofollowの違いと、SEO効果を上げる使い方を徹底解説します。

 

noindexとnofollowの違いとは?

端的にいえば、Noindexとは、「クローラーにウェブサイトのページをインデックスさせなくすること」、nofollowとは、「クローラーにウェブサイトのページからのリンクをたどらせないようにすること」を指します。

検索エンジンは、オートマティックにクローラーを使って、地球上に配信されているウェブサイトを巡回してインデックスしています。

クローラーがインデックスしたサイトの情報を評価基盤であるアルゴリズムによって、順位付けを行います。

サイトを検索エンジンに上位表示させるためのSEO対策のひとつが、インデックスを行っているクローラーの動きに注目することです。

noindexとnofollowは、クローラーが自分のサイトに巡回してきた時の動きを指示する方法です。

それぞれの役割とSEO効果を上げるnoindexの使い方を解説しましょう。

 

noindexとは

noindexとは、検索エンジンに対して、サイトから指示を出せるメタタグのひとつです。

HTMLファイルにnoindexをメタタグとして入れると、クローラーにウェブサイトの指定したページをインデックスしないように指示を出せるのです。

Noindexを使う時に注意したいのが、Noindexにしたいページに載せているリンクです。

検索エンジンのクローラーは、Noindexされたページをインデックスしませんが、リンクはたどっていきます。

ページ内から、品質の悪いリンクへたどり着くケースは避けなければなりません。

そんな時の解決策になるのが、後で解説する「クローラーにウェブサイトのページからのリンクをたどらせなくする」nofollowなのです。

 

SEO効果を上げるnoindexの使い方

検索エンジンは、クローラーがインデックスしてきたページを評価します。品質の低いと感じられるページはクローラーにインデックスされないようにしたいものです。

SEO効果を上げるnoindexの使い方は、品質が低く、サイトの信頼性やランクを下げると想定されるページを、noindexを使ってクローラーにインデックスされないようにすることです。

良質のページを残して、不安要素のあるページはnoindexにしておき、リライト、ブラッシュアップして品質をアップできたらnoindexを外していくのもいいアイデアです。

注意したい検索エンジンの評価の方法

検索エンジンの評価の方法によって、良質なコンテンツが評価されないケースが発生する場合があります。

良質なコンテンツが評価されないケースとは、サイト内で同一キーワードが重なっていたり、導きだされるアンサーが同一のコンテンツが複数存在する場合です。

重複するコンテンツがあるとして、検索エンジンの評価が下がる可能性があるのです。

Noindexを使い、クローラーに重複するコンテンツとして見られないようにする施策はSEO対策につながります。

 

nofollowとは

nofollowもnoindexと同様、検索エンジンに対して、サイトから指示を出せるメタタグのひとつです。

HTMLファイルにnofollowをメタタグとして入れ、クローラーにウェブサイトのページからのリンクをたどらせなくするように指示を出せるのです。
サイトのページの中に、信頼性や品質が低いリンクがある場合などに、nofollowを設置します。

 SEO効果を上げるnofollowの使い方

サイトのSEO対策には、サイト自体の品質と信頼性を向上させるだけでなく、ページに掲載するリンクの品質と信頼性の向上にも努める必要があります。

検索サイトのクローラーは、ページの発リンクも巡回しながら、ページを評価していくからです。

品質や信頼性が低いと想定される発リンクがページに存在する場合、解決策としてnofollowを活用する施策は、SEO対策に有効です。

 

noindexとnofollowの設定

Noindexやnofollowは、検索エンジンに「ウェブサイトのページをインデックスしない」「ウェブサイトのページからのリンクをたどらない」指示を伝えるメタタグで、HTMLファイルに、ダイレクトに設定します。

WordPressをツールとして設計したサイトであれば、「All in One SEO Pack」のプラグインを使って設定することが可能です。

 

まとめ

◆ 自社のサイトのSEO効果を高めるために、noindexとnofollowは有効

◆ 検索エンジンは、オートマティックにクローラーを使って、地球上に配信されているウェブサイトを巡回してインデックスしている

◆ noindexとnofollowは、クローラーが自分のサイトに巡回してきた時の動きを指示する方法

◆ Noindexとは、クローラーにウェブサイトのページをインデックスさせなくすること

◆ nofollowとは、クローラーにウェブサイトのページからのリンクをたどらせないようにすること

◆ サイトのSEO対策には、サイト自体の品質と信頼性を向上させるだけでなく、ページに掲載するリンクの品質と信頼性の向上にも努める必要がある

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP