【コラム】採用オウンドメディアとは?最新の採用手法を徹底解説!

「採用オウンドメディア」が注目を集めています。

採用オウンドメディアとは自社で運営する採用に特化したメディア(オウンドメディア)のことです。

採用情報の発信源として活用することで、自社の職務や文化によりフィットした人材を集めることが可能となります。

この記事では、採用オウンドメディアとは何か、および採用オウンドメディアのコンテンツについて紹介します。

 

採用オウンドメディアとは?

採用オウンドメディアとは、自社で運営する採用に特化したメディア(オウンドメディア)のことです。
ただしこの場合の「メディア」は、一般に「Webサイト」を意味します。

「採用サイトを使った採用のことなら、以前からあったのでは?」そう思われる方もいますよね?
確かに多くの企業は自社サイトに採用に関するページを持っています。

しかし採用オウンドメディアでWebサイトに掲載されるコンテンツは、従来の採用サイトの内容と比較して、はるかに詳細です。
企業や採用に関する情報を詳細に記載することにより、自社の職務や文化によりフィットした人材を集めることが可能となります。

 

採用オウンドメディアが注目を集める背景

採用オウンドメディアが注目を集める背景は、

・求職者の就職に対する意識が変化した
・求職者が企業のWebサイトを詳しく見るようになった

の二つがあげられます。

●求職者の就職に対する意識が変化した

オウンドメディアが注目を集める背景の一つとして、求職者の就職に対する意識が変化したことがあげられます。

昭和の時代は、終身雇用・年功序列がまがりなりにも保たれていた時代でした。
「就職」は、生涯の安泰が保証されることを意味していました。

したがって社員は仕事に関して意に沿わないこと、理不尽なことがあったとしても、多少のことには目をつぶっていたでしょう。
会社のいうことを聞いてさえいれば、生活の安定が保証されていたからです。

しかし終身雇用・年功序列はとうに終わりを告げました。今の時代は、会社のいうことを聞いていても、いつ職を失うかわからない不安定な時代です。

そのために求職者は、自分のキャリアを自分自身で設計する必要性に迫られています。

・何のために働くのか
・仕事を通じて自分はどうなりたいのか

を明確にし、企業の情報を詳細に調べた上で、納得できる仕事に就こうとする求職者が増えています。

この傾向は、求職者が優秀であればあるほど高くなるといえるでしょう。
したがって優秀な人材を獲得するためには、企業側も自社の情報を求職者に対して、これまで以上にしっかりと提供しなければいけないようになっています。

●求職者が企業のWebサイトを詳しく見るようになった

採用オウンドメディアが注目を集める背景としてもう一つあげられるのは、求職者が企業のWebサイトを詳しく見るようになったことです。

近年、多くの情報がインターネットを通じて得られるようになっています。
採用に関する情報も例外ではありません。
求職者の多くは、企業のWebサイトを詳しく見ることにより、企業や採用に関する情報を得ています。

したがって企業が求職者から選ばれるためには、自社の理念やビジョン、文化、社会に提供している価値、採用しようとする職務の内容などの情報を、自社のWebサイトに詳細に記載する必要性が生まれています。
これを形にしたものが、採用オウンドメディアです。

 

採用オウンドメディアのコンテンツ

採用オウンドメディアを運営する際に、Webサイトに掲載する必要があるコンテンツは、大きく分けて、

・自社の理念やビジョンを伝えるコンテンツ
・自社の文化や雰囲気を伝えるコンテンツ
・職務記述書

の三つとなります。

●自社の理念やビジョンを伝えるコンテンツ

採用オウンドメディアを行うためにWebサイトにまず必要なのは、自社の理念、および将来へのビジョンを伝えるためのコンテンツです。
ここには、自社がどのような価値を社会に対して提供するのかについても含まれます。

求職者が就職先の企業を選ぶ際、理念やビジョン、社会に提供する価値に共感できるかどうかは大きなポイントとなってきます。
コンテンツの具体的な例として、「経営者の言葉」などがあげられるでしょう。

●自社の文化や雰囲気を伝えるコンテンツ

理念やビジョンとともに、自社の文化や雰囲気を伝えるためのコンテンツも必要です。
このコンテンツを充実させることにより、求職者は自分に合った企業を選べるようになるでしょう。

具体的には、以下のようなコンテンツとなります。

・意思決定のルールについて
・評価・報奨制度
・研修や部活動、社内行事
・ダイバーシティへの取り組み
・オフィスのデザイン
・社員のインタビュー

●職務記述書

採用活動をするにあたり、どの企業でも「募集要項」を作成していることでしょう。

募集要項の内容は、

・仕事内容の概要
・勤務時間
・勤務地
・給与・待遇
・福利厚生

などが簡潔に書かれたものです。

対して、職務記述書は、募集要項の内容をより詳細にしたものです。

具体的には、以下のような内容を記載します。

・仕事内容の概要
・所属する部署、そこでのポジション
・業務内容
・求められる能力
・職務の内容・責任・遂行要件・他の職務との関係
・経験やスキルについての基本条件
・経験やスキルについての歓迎条件
・勤務時間
・勤務地
・給与・待遇
・福利厚生

 

まとめ

◆ 採用オウンドメディアとは、採用オウンドメディアとは自社で運営する採用に特化したメディア(オウンドメディア)のこと

◆ 自社の職務や文化に、よりフィットした人材を集めることが可能となる

◆ 採用オウンドメディアが注目を集めるようになった背景は、求職者の意識の変化と求職者が企業サイトを詳しく見るようになったこと

◆ 採用オウンドメディアにおけるコンテンツは、自社の理念やビジョンを伝えるもの、自社の文化や雰囲気を伝えるもの、および職務記述書

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP