ProFuture マーケティングソリューション部からのお知らせ

新型コロナウイルス感染対策として、ProFuture マーケティングソリューション部は在宅対応を実施しております。
お問合せの際は、こちらの問合せフォームよりご連絡をお願いします。

【コラム】webサイト、webページ、ホームページの違いと特徴を解説します。

今やほとんどの企業はホームページを持っていますが、その呼び名は企業の公式ホームページや公式webサイト、webページなどさまざまです。
どれも同じに思われがちですが、実は言葉の語源が異なるため、微妙に意味も異なってきます。

また、本来の意味から転じて使用させている言葉もあるため、使用時には注意が必要です。
そこで今回は、webサイト、webページ、ホームページの違いや特徴とともに、その使い分け方を解説します。

 

webページとは

webサイトとwebページとホームページの違いを理解するのに、まずはwebページから意味を確認すると分かりやすいです。

まずwebページのwebとは「World Wide Web」の略称です。
World Wide Webとは、HTML言語で記述された、文字・音声・画像・動画などの情報を扱うことができるシステムです。
これにより、情報に直接ハイパーリンクし、情報検索や情報発信をすることができます。
また単語の頭文字をとって「WWW」とも表現されます。

このWorld Wide Webのシステムを使った、ブラウザで閲覧できるページのことをwebページと呼びます。

例えば、この記事が掲載されているページもwebページです。

 

webサイトとは

続いてはwebサイトです。サイトは英語の「site」のことで、「敷地」「用地」という意味があります。
このことから、webサイトとは、World Wide Webというシステムを使った敷地のことを指すことになります。

しかしこれでは少しわかりにくいでしょう。
webページが複数まとまったものと考えるとわかりやすいです。

言い換えれば、webサイトは、webページの集合体です。
例えば企業のwebサイトであれば、トップページ、会社概要ページ、社長挨拶のページ、プレスリリースのページ、採用ページなどのページがあるのが一般的ですが、それらのwebページすべてを含めた全体を指します。

 

ホームページとは

では、ホームページとは何でしょうか。
一般的に、ホームページとはwebサイトと同じ意味と捉えている人が多いものです。
一般的な認識においては、それで間違いありません。
多くの人がホームページとwebサイトは同じものだと認識しているからです。

本来、ホームページとは「webサイトのトップページ」を指す言葉でした。
よく、webサイトのトップページに戻るボタンに「ホーム」や「HOME」などと書かれていることがありますが、これはまさに「ホームページに戻る」すなわち「トップページに戻る」という意味なのです。
これは、ホームページがトップページの意味で使われていたものの名残といえそうです。
実際、海外では「ホームページ」はトップページのことなどを指すことが多いため、webサイトと同じ意味で使っても言葉が通じません。

また、ホームページには、「ブラウザを開いたときに最初に表示されるページ」の意味もあります。
ブラウザには、ブラウザを起動させたときに空白ページを表示させるか、どこか特定のページを表示させるかなどを選んで設定することができるものが多いです。
その最初に表示させるページのことを「ホームページ」と呼ぶこともあります。

このように、ホームページという言葉には複数の意味があるほか、現在は意味が転じて使われています。

 

webサイト・webページ・ホームページの使い分け方

では、webサイト、webページ、ホームページの言葉の使い分けはどうすればいいのでしょうか。

まず日本国内では、一般的に「ホームページ=webサイト」という認識が浸透していますので、そう認識している一般の方に対しては、webサイトの意味で「ホームページ」という言葉を使ってもよいでしょう。

一方で、日本でもweb制作会社やIT関連会社の担当者と対話するときには、「ホームページ」よりも「webサイト」を使用したほうが誤解を生みにくいでしょう。
「ホームページ」と表現すると、トップページとwebサイトどちらの意味で使っているのかわからないため、相手は一時的に考えなければならなくなるためです。
企業間のやりとりでは、混乱を招かないためにも、ホームページは使わず、webサイトやwebページに統一したほうが無難でしょう。

また、海外の人と話す際は、webサイトを表現するときにはホームページではなく、webサイトやwebページという表現を使ったほうがいいでしょう。

 

まとめ

◆webサイトとはwebページの集合体のこと。トップページとその下層ページなど複数のページ全体のひとまとまりを表す。

◆ホームページは、本来、「webサイトのトップページ」の意味がある。
また、ブラウザを立ち上げたときに開く最初のページを意味することもある。
しかし日本では、一般的に、webサイトと同じ意味で使われている。

◆webサイト・webページ・ホームページの使い分け方としては、まずwebページはページ単体、webサイトは複数のwebページを含めた全体をいうときに使う。
またホームページとwebサイトは日本では同じ意味で使われているため、その慣習にならってよいが、webやIT関連の人に対してはwebサイトやwebページを使用したほうが無難。
海外の相手に対してはホームページと言ってもwebサイトの意味として伝わらないため、ホームページは使用しないほうが良い。

 

【オリジナルコンテンツ】The・現場~マーケティングフィールドワークの智慧~
マーケティングの現場で活かせる智慧を分かりやすく解説します

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP