ProFuture マーケティングソリューション部からのお知らせ

新型コロナウイルス感染対策として、ProFuture マーケティングソリューション部は在宅対応を実施しております。
お問合せの際は、こちらの問合せフォームよりご連絡をお願いします。

【コラム】メルマガの開封率とは?数字から見るKPI設定方法について

BtoBマーケティングでは獲得したリード(見込み客)と定期的なコミュニケーションを取っていく中、自社サービスへのエンゲージメントを高め、最終的に問合せや資料請求のアクションに繋げていく上で、メルマガ配信は最も重要な施策となります。

また、そのメルマガを開封してもらうことは、最終的に望むアクションへの第1ステップとなり、KPIに設定されることがあります。

今回は、メルマガの開封率について触れて行きたいと思います。

 

メルマガの開封率について

メルマガの開封率は、リードに配信されたメルマガのうち、開封されたメルマガの数を割合として出した数値になります。

メルマガ開封率 = メルマガ開封数 ÷ メルマガ配信数

開封率を計測するには、画像の挿入や文字の加工ができる「HTMLメール」形式で配信をする必要があります。

冒頭で触れたように、マーケティング上のKPI設定の1つに設定され、ほかに、クリック率(CTR)、問合せ件数(CV数)が挙げられます。

 

業種別のメルマガ開封率 最新データ

メルマガの開封率をKPIとして初めて設定する場合、その値が適切かどうか? 判断しづらいところがありますが、実際の開封率データを参考数値として活用することができます。

グローバルでメールマーケティングツールを提供しているMailChimpがユーザ企業の業種別にデータをまとめたレポートがあります。

BtoB、BtoC含め全44業種のメール開封率、クリック率などがまとめられています。

こちら

全体、HR関連、上位業種の開封率を、以下に一部抜粋します。

【全体平均】20.81%

【HR関連業種】

教育・研修 21.80%

採用・人材紹介 19.33%

広告・マーケティング 16.48%

【上位業種】

ホビー 27.35%.

政府 26.52%

芸術・アート 26.03%

上位業種をみると、消費者向け(BtoC)の業種が比較的高い開封率の傾向にあるようですが、競合企業のメルマガ配信が多かったり、サービス訴求が多かったりと、業種ごとにある特徴によって、開封率へ影響してきます。

仮に該当業種のメール開封率よりも自社メルマガの開封率が高いのであれば、今、行っているメルマガの施策は有効的と言えるでしょう。

また、初めてKPIを設定するということであれば、該当業種の開封率を参考に設定する形になるかと思います。

 

メール開封率を上げるコツ

メール開封率を上げるコツを最後に簡単にご紹介します。

【タイトル】分かりやすく1行30字以内

・「無料」「必見」など目を惹くキーワードや数値を記載

・「採用」「セミナー」などテーマやコンテンツ内容など得られるものを記載

【配信日時】週中の火~木曜日、お昼・夕方の時間帯

【コンテンツ】サービス訴求に寄らず、企業事例や調査データなど役立つ情報を提供

コンテンツはサービス訴求や広告ばかりに寄ってしまうと飽きられてしまい、タイトルや配信日時が良くても、メルマガ自体を開封してもらえなくなるため、役立ち情報とのバランスに注意が必要です。

また、開封率の改善にはこちらのコラムもご参考ください。

【コラム】BtoB向けのメルマガ(メールマガジン)の開封率、クリック率(CTR)をあげる為に出来ること

 

まとめ

メルマガの開封率は、リードに配信されたメルマガのうち、開封されたメルマガの数を割合として出した数値で、開封率を計測するには「HTMLメール」形式で配信をする必要がある

業種別にデータをまとめた最新のレポートでは、全44業種のメルマガ平均開封率は20.81%

初めてのKPI設定には、該当業種の開封率を参考に設定するのがおすすめ

【オリジナルコンテンツ】The・現場~マーケティングフィールドワークの智慧~
マーケティングの現場で活かせる智慧を分かりやすく解説します

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP