ProFuture マーケティングソリューション部からのお知らせ

新型コロナウイルス感染対策として、ProFuture マーケティングソリューション部は在宅対応を実施しております。
お問合せの際は、こちらの問合せフォームよりご連絡をお願いします。

【コラム】オウンドメディアの効果はどう分析したらいい?データ分析を徹底解説!

オウンドメディアを企業運営の手法として導入する企業の数は年々増えています。

オウンドメディアを立ち上げて運営していく中で、効果を分析して問題点や課題を解決していく事は、オウンドメディアを成功させるために必要な手順です。

今回は、オウンドメディアの効果分析・データ分析に注目し、指標とツール、手順について徹底解説します。

 

オウンドメディアの効果分析・データ分析の重要指標

オウンドメディアの効果分析・データ分析の重要指標として、広く使われている指標にKPI(重要業績評価指標)があり以下のような指標があげられます。

・ターゲットとするキーワードでの検索順位
・ページビュー数(サイト内のページが閲覧された回数)
・新規ユニークユーザー数(新規で訪れたユーザーの数)
・SNSでのシェア数
・定着率(ユーザーがサイトをふたたび訪れる確率)
・滞在時間(あるWebページについて、ユーザーが滞在した平均時間)
・遷移数(あるWebページについて、ユーザーが離脱せずに他のページへ移動した平均回数)
・回遊率(1人のユーザーがサイト内のページをどれだけ閲覧したのかの平均回数)

※KPI(重要業績評価指標)については【コラム】オウンドメディアを成功へ導くKPIの設定方法と施策案を徹底解説をご参照ください。

 

オウンドメディアの効果分析・データ分析に使うツール

オウンドメディアの効果分析・データ分析に使うツールで、代表的なものに、Google アナリティクス、Search Console、GRCなどがあります。

KPI(重要業績評価指標)の多くはGoogle アナリティクスやSearch Console、GRCで確認できます。

 

オウンドメディアの効果分析・データ分析の手順

オウンドメディアは、効果が表れるまでに1年から2年の期間がかかるといわれています。

そのためKPI(重要業績評価指標)は、オウンドサイトの立ち上げから、期間の経過と状況を確認しながら見ていく必要があるでしょう。

立ち上げから1年以内は、下記の指標を使うといいでしょう。

・ターゲットとするキーワードでの検索順位

・ページビュー数(サイト内のページが閲覧された回数)

・新規ユニークユーザー数(新規で訪れたユーザーの数)

・SNSでのシェア数

立ち上げから半年から2年ぐらいをかけて、オウンドメディアの効果が表れてきますので、下記の指標が分析に向いています。

・定着率(ユーザーがサイトをふたたび訪れる確率)

・滞在時間(あるWebページについて、ユーザーが滞在した平均時間)

・遷移数(あるWebページについて、ユーザーが離脱せずに他のページへ移動した平均回数)

・回遊率(1人のユーザーがサイト内のページをどれだけ閲覧したのかの平均回数)

コンバージョンについては、立ち上げから1年以降効果が出てくる可能性が高まるので、指標として取り上げていきます。

 

オウンドメディアの効果を企業経営に活かすための分析

KPI(重要業績評価指標)によるオウンドメディアの効果分析・データ分析は、問題点のある指標の数値を分析し、より良好な数値へと改善していく事になりますが、集められたデータは、他社との比較分析や、自社の他のツールとの比較分析に使用すると、より企業経営に活かすことができるでしょう。

競合分析

マーケティング戦略の基本として「競合するライバル企業を分析する」ことがあげられます。

競合するライバル企業が、どのような戦略にもとづいてオウンドサイトを運営しているかを分析し、それを上回る魅力のあるオウンドサイトを創り出すことができるかを導き出すことが、競合分析です。

※競合分析については【コラム】競合分析とは?マーケティングにおける競合他社分析のフレームワークをご参照ください。

 

アストロビューション分析

オウンドメディアの効果を他のメディアと比較したい時に有効なのがアストロビューション分析です。

オウンドメディアの運用目的は、自社の製品やサービスを認知してもらうための初回接触や、 自社や自社の製品・サービスを好きになってもらうことと集約されますが、最終的なゴールは「問い合わせの獲得」や「売上」です。

企業は、オウンドメディアの他にも展示会やセミナー、ブログや動画、プレスリリース、
、SNSやメール、テレビ・新聞などの広告、営業部門からのアプローチなどさまざまなタッチポイントや経路を考慮しながら、販売戦略を構築します。

アストロビューション分析は、マーケティングオートメーションを活用してさまざまなタッチポイントや経路のコンバージョンを測定し、オウンドメディアの貢献度を比較評価することです。

※オウンドメディアの運用目的については【コラム】自社のマーケティング課題とオウンドメディアの運用目的およびゴールの設定をご参照ください。

 

まとめ

◆ オウンドメディアを立ち上げて運営していく中で、効果を分析して問題点や課題を解決していく事は、オウンドメディアを成功させるために必要な手順

◆ オウンドメディアの効果分析・データ分析の重要指標として、広く使われている指標にKPI(重要業績評価指標)がある

◆ オウンドメディアの効果分析・データ分析に使うツールで、代表的なものに、Google アナリティクス、Search Console、GRCなどがある

◆ KPI(重要業績評価指標)は、オウンドサイトの立ち上げから、期間

◆ の経過と状況を確認しながら見ていく必要がある

◆ オウンドメディアの効果を企業経営に活かすための分析に「競合分析」「アストロビューション分析」などがある

【オリジナルコンテンツ】The・現場~マーケティングフィールドワークの智慧~
マーケティングの現場で活かせる智慧を分かりやすく解説します

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP