【コラム】コンバージョン(CV)とは? Webマーケティングにおける定義と意味

コンバージョン(CV)は、Webマーケティングを語るときに「成果」を表す言葉として日常的に使われている言葉です。

普通に使われている言葉ですが、使用する場面によって、ニュアンスが違ってくる広義で使用されるWebマーケティング独特の言葉でもあります。

今回は、コンバージョン(CV)をテーマに、意味と重要性について解説します。

 

コンバージョン(CV)とは?

コンバージョン(conversionとは英語で、変換、転換、変化を表す言葉で、Webマーケティング以外では、例えば、「プログラムやデータをコンバージョン(変換)して、異なるシステムでも使用できるようにする」といった使われ方をします。

Webマーケティングにおけるコンバージョン(CV)の意味は、広義では「成果」を表しますが、Webマーケティングの運用目的に応じて、たとえば次の3つの成果を表すことになるでしょう。

・Webサイトなどの訪問数増加

・訪問客から見込み顧客への転換

・見込み顧客から顧客への転換

さらにコンバージョン(CV)は、Webマーケティングに費やした費用が、最終目的である成果に転換することも意味します。つまりコンバージョン(CV)は、Webマーケティングの費用対効果を測定する重要な指標になるのです。

 

コンバージョン(CV)を理解するために知っておきたい項目

「Webサイトなどの訪問数増加」「訪問客から見込み顧客への転換」「見込み顧客から顧客への転換」などのコンバージョン(CV)が現れるためにはユーザーのアクションが必要です。コンバージョン(CV)を理解しデータを分析するためには、次の3つの項目とアクションのプロセスを理解しておく必要があります。

・訪問数:ユーザーがコンバージョン(CV)に近づくアクションを起こすためには、最初にWebサイトなどに訪問する必要があります。

・コンバージョン(CV)数:ユーザーが、Webマーケティングの求めるコンバージョン(CV)に到達した数。

・コンバージョン(CV)率:訪問数に対するコンバージョン(CV)数の割合。

 

コンバージョン(CV)は複数ある

最終的なコンバージョン(CV)に至るユーザーのアクションのプロセスに応じて、Webマーケティングには、中間的なコンバージョン(CV)が複数存在するのが一般的です。

たとえば、前述した3つのコンバージョン(CV)もユーザーのアクションプロセスに連動していることが分ります。

・Webサイトなどの訪問数増加

・訪問客から見込み顧客への転換

・見込み顧客から顧客への転換

Webサイトなどの訪問数増加することによって、訪問客から見込み顧客への転換のアクションが可能となり、最終的なコンバージョン(CV)に至ることが可能となるのです。

企業はWebマーケティングを活用することで、自社の商品の販売やサービスの提案といったコンバージョン(CV)を得られるのです。

 

コンバージョン率の重要性

コンバージョン率は、Webマーケティングの大きな目的である成果(コンバージョン)に関する指標で、最終的な収益を左右する要素のため、Webマーケティングでは集客数やリピート率と同じく重要な情報になります。

 

コンバージョン率最適化とは?

コンバージョン率を増加させたり目標数を最適にするための施策で、コンバージョン数をトラフィック数で割って算出します。

単に、数字的なコンバージョン率上げるだけであれば、コンバージョン数を維持したまま成果に結びつきづらいトラフィックだけを遮断すればよいわけですが、数字だけを改善しても、最終的な収益の増加につながるとは限りません。

コンバージョン率最適化とは、ユーザーの行動やサイトの指標を定量的・定性的に分析しながら、サイトの構造や導線経路全体を改善してコンバージョン率を高め、収益に結びつけるための施策なのです。

※コンバージョン率最適化については【コラム】コンバージョン率最適化(CRO)とは?すぐに役立つ3つのポイントをご参照ください。

 

コンバージョン(CV)によってメディアの費用対効果を分析する

企業はコンバージョン(CV)を測ることで、Webマーケティングで採用しているメディアの費用対効果を分析し、評価していく事が大切です。たとえば企業が運営するオウンドメディアの

 

まとめ

◆コンバージョン(CV)は、Webマーケティングを語るときに「成果」を表す言葉として日常的に使われている言葉

◆Webマーケティングにおけるコンバージョン(CV)の意味は、Webマーケティングの運用目的に応じて「Webサイトなどの訪問数増加」「訪問客から見込み顧客への転換」「見込み顧客から顧客への転換」の3つの成果を表す

◆コンバージョン(CV)を理解しデータを分析するためには「訪問数」「コンバージョン(CV)数」「コンバージョン(CV)率」とアクションのプロセスを理解しておく必要がある

 

 

【オリジナルコンテンツ】The・現場~マーケティングフィールドワークの智慧~
マーケティングの現場で活かせる智慧を分かりやすく解説します

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP