【コラム】Webマーケティングはなぜ必要なのか?その目的とメリットについて解説します

みなさんはインターネットをどんな時に利用しますか?

旅行の予約、食事の予約、チケットの予約、情報の収集、SNSの投稿などインターネットが普及した現代では、みなさんの生活になくてはならない存在になっているのはご承知の通りです。

ビジネスの世界でもWebサイトは、企業の情報発信としてのツールから直接ユーザーとつながれる企業活動の中心へと変化しました。

それに伴い、他のメディアよりも低コストで高い効果が期待できるWebマーケティングの重要性が高まっています。

ここでは、初心者でもわかりやすいWebマーケティングの必要性や施策、メリットなどをご紹介していきます。Webマーケティングの力で、ビジネスを軌道に乗せていきましょう。

 

Webマーケティングを行う目的

インターネットが普及する前は、ものを売る場合もサービスを提供する場合も、自らの足で顧客を獲得しに行ったりチラシを撒いたり電話をかけたりといった手法が一般的でした。

ところが現在では、スマホやパソコンをほとんどの人間が持つようになり、“気になったことはWebサイトで調べる”が当たり前の時代となりました。

このような背景もあり、集客や販促を行う側もWebを駆使したマーケティングが求められています。

一言でWebマーケティングとまとめてしまいがちですが、ターゲットとなる世代や年代ごとの流行には変化があるため、その時代に合わせた販促を行うことが大切です。

かつてはインターネットのホームページを作成したり、メルマガを配信したりといった方法で集客を行っていましたが、現在ではスマホで見やすいWeb作りや、SNSやアプリの有効活用などが求められるでしょう。

Webマーケティングは一度コンテンツを作成したら終わり、ではなく、その時その時に合わせた方法で常に行う必要があります。

そのためにも、現在の見込み客や顧客はどのようなサービスを求めているのか、どのような時代の流れがあるのかなど、アンテナを張っておく必要があります。

 

Webマーケティングが持つメリット

Webマーケティングにはどのようなメリットがあるのかを、詳しく見ていきましょう。

Webマーケティングの持つ最大のメリットは、インターネットを閲覧している全世界の人間へ、一斉にアピールできる点です。

作成したコンテンツには興味のある人だけが集まるため、見込み客のみを簡単に絞り込むことが可能となります。

狙った顧客をポンポイントで集客できるということは、少ない労働力、少ないコストで販路を開くことにもつながります。

会社案内やチラシ、名刺などは簡単に刷り直しができませんが、「Webマーケティング」であれば、パソコンで簡単に内容変更ができるため、反応がイマイチだった場合の方向転換も簡単に行えます。

Webマーケティングの歴史はまだ浅く、経営者の年齢が高い古くからの企業は、昔ながらの手法を崩さない場合もあるでしょう。

ライバルがそのような状態であれば、新規参入者であっても、一気に形勢逆転を行うことが可能です。

逆に若い世代の経営者は「Webマーケティング」を巧みに利用している場合が多いため、ビジネスを成功へ導くためにも、周囲に負けないコンテンツ作りが急務となります。

自分では難しい場合、「Webマーケティング」のプロに任せるという方法もありますので、ぜひ積極的に取り入れていきましょう。

 

「Webマーケティング」の取り入れ方

「Webマーケティング」をビジネスへ取り入れる場合、できる限り多くの可能性に挑戦するトライ&エラーが大切です。

「Webマーケティング」を行っているもののうまく行かない、という経営者の多くに、「ホームページのみに力を入れる」「メルマガのコンテンツばかりを充実させている」といった偏りがみられます。

せっかくWebを利用していても、これでは非常に勿体ないです。

ホームページやメルマガ、ブログなど主体となる媒体があるとしたら、コンテンツを作成した後は、それをメールやTwitter、Facebook、LINEなど、その他へも拡散できるシステムを構築しておきましょう。

Webマーケティングを行う場合、ターゲットやユーザーの興味の見極めも大切です。

「多くの情報があった方がよいだろう」と考えた結果、広く浅いコンテンツになってしまった例や、コンテンツが多すぎて本当に欲しい情報を見つけられなかった例などもあります。

ユーザー目線に立って、シンプルでわかりやすく、さらに購買意欲をそそる内容を考えていきましょう。

見込み客を集めるためには、狙ったターゲットから検索して貰えるようキーワードを多く盛り込む記事を作成したり、定期的に更新したりすることも重要です。

アクセス解析などのツールを有意義に利用し、自分のコンテンツへどのような年代、性別、地域のユーザーが集まっているのかということや、どこから訪問したのかを探るのも効果的です。

解析結果を元に、その年代や性別向けの内容や言葉遣いに変更する、地域の情報を発信する、といったコンテンツのパワーアップを行うことができます。

こうした、こまめなアップデートがユーザーの心をつかみ、ビジネスを成長させていくのです。

 

「Webマーケティング」の成功例

「Webマーケティング」を実際にビジネスへ取り入れ、成功した事例をみてみましょう。取り入れられる部分があれば、そこからスタートすることで、よりスムーズな走り出しとなるでしょう。

成功例:その1

メジャーな商品を取り扱っているため、検索では大手企業に太刀打ちできませんでした。

そこで自社商品に他社とかぶらないネーミングをつけ、SNSを中心にWebマーケティングを行ったところ、若い世代から多くの反響を得られました。

このケースでは、ネーミングがカギとなりました。思わず検索したくなる屋号や商品名、サービス名を使用することで、成功した事例です。

成功例:その2

各メディアを通じて、よいと思うコンテンツを提供したのですが、反応があまりありませんでした。

そこで実際にターゲット層にアンケートを取ってみた結果、こちらが推している情報と、知りたい情報に大きな温度差があることが判明。

意見を反映しWebを再構築した結果、多くの問い合わせを頂けるようになりました。

このケースでは、ユーザーと経営者側にズレがありました。自分だけの意見ではなく、幅広い声へ耳を傾けることで、顧客が求めるコンテンツを作成できるようになるのです。

 

◆まとめ

◆「Webマーケティング」はターゲットとなる世代や年代ごとの流行には変化があるため、その時代に合わせた販促を行うことが大切。

◆ビジネスを成功へ導くためにも、周囲に負けないコンテンツ作りが急務。

◆Webマーケティングは解析結果を元に、コンテンツのパワーアップやこまめなアップデートがユーザーの心をつかみ、ビジネスを成長させていく。

 

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP