【コラム】マーケティング部門における仕事とは?求められる能力とスキル、役立つ資格

マーケティング部門と聞くと、商品の売れ行きや企業の業績を左右する、花形部門のイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

しかし、マーケティング部門はどのような仕事をしていて、会社にどのような影響をおよぼしているか、明確に答えられる方は少ないかもしれません。

そこで今回は、マーケティング部門の仕事やマーケティング部門で働くために必要なスキルなどをご紹介します。

 

マーケティング部門の役割

マーケティング部門の役割として、商品やサービスが売れ続けるための仕組みづくりを担うという大きな役割があります。

売れ続けるための仕組みというのは、商品開発の段階から始まり、市場に出た後のPR、売れ行きを見ながら売り上げをさらに伸ばしていくための戦略など、ひとつの商品が生まれる前から生まれたあとの段階まで多岐に渡ります。

 

マーケティング部門の仕事としては、商品開発前の市場調査や商品発売後のPRイベントなど、消費者と商品もしくはサービスに関することが知られています。

しかし実際はそれだけではなく、会社内部の人間やクライアントなどとやりとりをする仕事など、一般的には知られていない仕事も多くあるのです。

そしてそれらの多くがマーケティング部門の中枢の仕事であり、会社へ大きく貢献するものだと言えます。

 

マーケティング部門の仕事

【マーケット調査】

新商品開発の段階において、マーケティング部門はあらゆる一般社会の情報を収集し、現時点もしくは少し先の将来、どのような商品・サービスが求められるのかを調査します。

アンケート調査や市場調査など、さまざまな分野からの情報を収集し、データを解析していきます。

そこから「どの年齢層に」「どのような商品・サービスを」「どうやって」売り出していけば成功するのかを考え、商品の販売戦略を立て、社内経営陣や時にはクライアントなどにプレゼンを行うこともあります。

 

【新商品コンセプト立案】

調査・分析に基づき、新商品のコンセプトを立案します。会社によって業務の範疇(はんちゅう)は変わりますが、企画開発部などに新商品のコンセプトを説明したり、コンセプトの根幹とも言える、消費者のニーズなどを説明したりします。

これを元に開発部、製造部などはプロダクトの製造に入り、企画部はリーフレットなど販促物の作成に取り掛かります。

特に販促物は消費者が手に取り商品の概要を知る大切なアイテムになります。コンセプトを的確に、明瞭に、スマートに表現しなくてはならないため、マーケティング部門と企画部のやりとりは綿密に行わなければなりません。

 

【営業部門との連携】

営業部門に対しても、コンセプトを浸透させるよう説明を行います。

営業部はそのコンセプトを元に、営業シミュレーションを立て、営業のスケジュールを立てていきます。

 

【ネーミング】

会社によって異なりますが、マーケティング部門、広報部、企画部などでネーミングを決定する場合があります。

この場合もコンセプトが明確に伝わり、全員が理解している必要があります。

場合によっては複数のネーミング案を立て、それぞれがプレゼンを行い決定するケースもあります。

ただし、中には商標権を獲得している商品などとネーミング案が重なることもあり、どうしてもそのネーミングを使用したい場合は知財部門の担当者を交えて商標権を持つ会社と交渉を行ったりする場合もあります。

 

【価格設定】

製造部や経営陣が価格設定を行うケースも多いのですが、価格設定における市場の動向などマーケティング部門の行った調査を元に決定していくことも多々あります。

価格設定は非常に繊細な作業になるため、原価を把握する開発部や製造部、市場調査の分析を持つマーケティング部門が携わることが多いようです。

 

【流通チャネルの選定】

市場のニーズに対応し、商品の流通チャネルの選定にも携わります。

商品の持つ特性や、ターゲットの年齢層などさまざまな点を考慮し、チャネルを選定していきます。

商品の売れ行きを左右する、非常に重要な作業であると言えます。

 

求められるスキル

【分析力、思考力、判断力、IT技術】

もちろん、気概のある未経験の者でもチャンスはあります。

しかし、マーケティング部門はまず初めに市場調査や調査結果の分析という仕事が待っているため、分析力、判断力、中にはデータ分析のためのIT技術などを持ち合わせている方が求められる場面が多々あります。

 

【コミュニケーション能力】

市場調査を対面で行う場合や、コンセプト立案後のプレゼンなど、対人の仕事も非常に多くあります。

そのため、さまざまな人とそつなく対応できるコミュニケーション能力も重要視されます。

 

【発想力】

市場調査から見えてきたニーズも、さまざまな企業が持ち合わせているものかもしれません。

そこから豊かな発想力で他社の思いつかない面白いアイデアがあると、爆発的なヒット商品が生まれる可能性があります。

商品開発に携わる人間には、常に求められる能力になります。

 

【マネジメント能力】

マーケティング部門は、非常に多くの部署と連携して業務を進めることが多くあります。

加えて、市場調査とそれを分析したもの、収集されたデータなどさまざまな拠点からたくさんの材料が集められ、それを販売戦略として組み立てなければなりません。

そのため、バリエーション豊かな担当者、担当部門を統括していく能力が要求されることもしばしば見受けられます。

 

【俯瞰して見る力】

すべての業務において言えることですが、何かに集中して業務をこなしていると、目先のことしか見えなくなってしまうことがあります。

マーケティング部門の人間は時に俯瞰してそのプロジェクト全体を見渡し、出遅れている部門がないか、コンセプトがずれてしまっている部門はないかなど判断できる力が求められます。

 

あると有利な資格

【ネットマーケティング検定】

Webマーケティングに関する基礎的な検定になります。

SEOやSEMに関する知識や、Webサイト理論などに関しても勉強できます。

 

【マーケティング・ビジネス実務検定】

業種を超えるマーケティング全般の、マーケティング理論、実務知識、事例などが勉強できます。

業種が限定されないため、さまざまな分野の会社で応用可能な知識が身に付きます。

マーケティングに関しては、大学で専攻し学ぶことも可能です。

しかし社会人になってからでも勉強は可能ですので、マーケティングに関わりのある資格などにチャレンジして知識を深めておくとよいでしょう。

 

まとめ

◆マーケティング部門の仕事は、消費者と商品、もしくはサービスに関することだけでなく、会社内部の人間やクライアントとのやりとりなど、多岐に亘る。

 

◆マーケティング部門では、分析力、思考力、判断力、IT技術のほか、コミュニケーション能力や発想力、マネジメント能力、物事を俯瞰してみる力などが求められる。

 

◆マーケティング部門の方向けの便利な資格として、ネットマーケティング検定やマーケティング・ビジネス実務検定がある。

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP