【コラム】今さら聞けないオウンドメディアとは? 定義と意味を確認しよう

近年、多くの企業が取り組むようになっているオウンドメディア。

広告やSNSにかわる新たな集客方法として注目を集めています。この「オウンドメディア」とは、そもそもどういう意味なのか?

今回は、今さら聞けないオウンドメディアの定義と意味を確認してみましょう。

 

オウンドメディアの定義とは?

オウンドメディアは「owned media」で、「自社が所有する情報発信媒体」のことです。

本来の意味では、Webサイトやメールマガジンのほか、紙に印刷された会社パンフレットや製品カタログ・会報誌など、企業が所有し、自由にコントロールできる情報発信媒体は何でも指します。

しかし近年になってマーケティングの文脈で使われる「オウンドメディア」は、本来の意味とは別の使われ方をするのが一般的です。

「企業が所有しているWebマガジン(ブログ)」を限定して意味するようになっています。

 

オウンドメディアの特徴

企業が所有するWebマガジンであるオウンドメディアは、以下のような特徴を持っています。

1. ユーザー目線に立ったコンテンツ

オウンドメディアの第一の特徴は、ユーザー目線に立ったコンテンツであることです。

従来型の情報発信方法である「広告」は、自社や製品・サービスのアピールを目的に行います。

「広告」に対してオウンドメディアにおいては、自社や製品・サービスのアピールは最小限に留められるのが一般的です。

ターゲットとなるユーザーが知りたい情報を発信することに主眼がおかれます。

 

2. 検索によりユーザーに見つけてもらうことを目指す

企業が情報発信をする際、従来なら、リスティング広告などを使用していました。

リスティング広告に対してオウンドメディアでは、広告は基本的に使用されません。

SEO対策を万全に施すことにより検索順位の上位を狙い、ユーザーに自ら見つけてもらうことを目指します。

SEO対策を万全に施すことにより、広告費の抑制も可能となります。

 

3. 売上を直接には狙わない

オウンドメディアの大きな特徴として、売上を直接には狙わないことがあげられます。

サイト内で、派手な広告的誘導は行われません。

オウンドメディアの目的は、まずユーザーとの初回接触を図ること。そしてサイトへ何度も訪問してもらうことにより、企業や製品・サービスを好きになってもらうことです。

オウンドメディアは、接触した潜在顧客を、見込み顧客から顧客、さらには優良顧客へと、時間をかけて育てていくために行います。

 

オウンドメディアの欠点

以上のような特徴を持つオウンドメディアですが、欠点もあります。オウンドメディアの欠点は、以下のものとなります。

1. 成果が現れるのに時間がかかる

オウンドメディアの欠点として第一にあげられるのは、成果が出るまでに時間がかかることです。

リスティング広告なら、すぐに掲載されますので、効果はすぐに現れます。対してオウンドメディアは、検索結果の上位表示を狙います。

検索結果で上位表示されるためには、ある程度の数の良質な記事が蓄積され、自然に被リンクが得られるまで、じっくりと取り組んではじめて結果が現れるものです。

またオウンドメディアの目標は、検索結果に上位表示されることではありません。

上位表示されることにより得られた読者を、潜在顧客から見込み顧客、顧客、さらには優良顧客と育てていくことにより、売上を作っていくことです。

読者が潜在顧客から顧客へと育ち、売上が発生するようになるまでには、さらなる時間がかかります。

 

2. 運用に手間がかかる

オウンドメディアの第二の欠点は、運用に手間がかかることです。オウンドメディアを運用する場合には、読者をきちんと引きつけられる質の高い記事を、量産していかなければなりません。

記事の作成は、内製する場合はもちろんですし、外部に委託する場合にも、企画や編集、校正、サイト制作、効果の検証などに、かなりの手間をかけていかなければならないでしょう。

得られた読者を顧客へと育て、売上を作るためには、ユーザーと適切に接触することにより訪問が途切れないようにしなければなりません。

そのためには、オウンドメディアを中心としつつも、メールなども活用したコミュニケーション設計をし、運用していくことが必要になるでしょう。

BtoBでのオウンドメディアの重要性

オウンドメディアは、BtoCのみならず、BtoBでも重要です。BtoB企業の多くが、オウンドメディアを戦略的に活用しています。

オウンドメディアがBtoBでなぜ重要なのか?それは企業の購買担当者が情報を入手するのは、企業サイトであることが多いからです。

以前であれば、カタログやパンフレット、あるいは営業スタッフの説明が、企業の購買担当者が情報を入手するための大きな手段となっていました。

近年では、企業の購買担当者が製品の詳細な情報を調べ、購入を検討するのは、企業のWebサイトであることが増えています。

BtoB企業にとっても、オウンドメディアをしっかりと立ち上げることにより、企業の購買担当者を囲い込み、見込み顧客から顧客へと育てていくことが可能となります。

 

まとめ

◆ オウンドメディアとは「企業が所有するWebマガジン」が近年使用される狭義の意味
◆ オウンドメディアの特徴は、ユーザー目線で検索によりユーザーに見つけてもらうことを目指し、売上を狙わないこと
◆ オウンドメディアの欠点は、効果が現れるのに時間がかかること、および運用に手間がかかること
◆ BtoBでもオウンドメディアを戦略的に活用することは重要

Solution / ProFuture のソリューション

PAGE TOP